Home » » 『「通信と放送」のこれからがわかる本』

『「通信と放送」のこれからがわかる本』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「通信と放送」のこれからがわかる本』を読みました。

「通信と放送」のこれからがわかる本 「通信と放送」のこれからがわかる本
櫻井 康雄

あさ出版 2006-12-18
売り上げランキング : 5184

Amazonで詳しく見る by G-Tools

先日『情報通信アウトルック2007』のエントリーでも紹介した『「通信と放送」のこれからがわかる本』を早速読みました。

通信と放送の分野について、これから起きる変化がとてもわかりやすくまとまっています。『情報通信アウトルック2007』のエントリーにも書いた通り、この分野の変化には法的、制度的なものも含め、様々な要因がからまってきていますが、それらが非常にわかりやすく説明されています。

特に基本的な用語を押さえたり、ある分野で主要な動きをしている企業やサービスについて知ることができるので、業界の動きの大枠をつかむには最適の本だと思います。

情報通信分野について今までは十分に情報収集してこなかったが、最新の事例を中心に勉強していきたいという人は、この『「通信と放送」のこれからがわかる本』を最初に読むのが良いかもしれません。その次に『情報通信アウトルック2007』。そして、その次は、これは自分もまだ読んでいないのですが、Outlogicの杉本さんらが出版された『メディア・コンバージェンス2007』という順序で読んでいくのが良いと思います。

メディア・コンバージェンス2007 メディア・コンバージェンス2007
篠崎 彰彦 情報通信総合研究所

翔泳社 2007-01-17
売り上げランキング : 57434

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>