Home » » 『すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!』

『すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!』を読みました。

sugoi.jpg

す、すごい本だ…。

ガズーバ!』や『すごいやり方』の著者でもある大橋禅太郎氏の最新刊。

実は、この本が出て、書店で何度か見かけたのだが、敢えて買おうとはしていなかった。手にも取っていなかった。何万部も売れていることが喧伝されているのを見て、ちょっと警戒心を抱いていた。Amazonの書評も賛否両論多かったので引っかかっていた。ともかく、あまり興味を示していなかった。しかし、最近、いろいろと考えるところがあって、先日思い切って買ってみた。

寝る前にちょこっと目を通してから寝ようと思ったのだが、ついつい読み進めてしまい、一気に読み終え(そんなに分量は多くないし)、友達に「読め!」とメールを出していた。

読み終わった感想は冒頭で書いたように、確かに「すごい」というひと言に尽きる。しかし、それは条件付のような気もしている。今の自分の理解では、すごい会議の手法を適用できる会議の種類が、ある程度限られてしまいそうな気がしている。

Amazonの書評でネガティブな意見を書いている人の多くがそうなのだろうが、多くの一般企業の会議にこの内容を応用しようとすると現実的ではないかもしれない。実際、自分もこれらの方法を仕事で自分が主催する会議で応用できるか考えてみたが、ちょっと難しそうだ。

しかし、仕事とは別に何か新しいプロジェクトを立ち上げるだとか、この本で出てくるように、企業の規模は別として、新しい「次の一手」を模索するような場合、この手法は大いに役に立つと思う。

「すごい会議」の手法とは、大橋禅太郎氏が出会ったマネジメントコーチングの手法を元にしている。ひと言で言ってしまうと、「すごい会議」の手法とは、質問の仕方を工夫することによって、まったく新しい思考の観点を参加者にインストールし、そこから今までの思考法では得られなかった結果を引き出すことだと理解している。

この手法を、何か新しいことを始めるときに応用できないかと考えながら読むと、一読してそのすごさを実感できるかもしれない。手法はとてもシンプルなので、一読してわかったつもりになってしまうが、それを実践するのはまた別の次元の話しだ。

幸い、付録として「すごい会議のやり方」として方法論の部分だけが抽出してまとめられている。この冊子を元に、実際の会議で使ってみて試行錯誤を繰り返したり、自分個人に使ってみたり(こういう使い方でも大いに役に立ちそうなのだ)、実際の会議を想定してシミュレーションを繰り返してみるのが良いだろう。

すごいやり方』にも書いてあるように(今までちらっと目を通しただけだったが、改めてきちんと読んでみよう)、すごい会議のやり方は空手などの型のようなものだ。まずは自分なりの観点なんかを持ち込まずに、型に忠実に実践してみる。何度も繰り返して自分のものになってきたところで、応用法を模索してみるのも良いだろう。

8/30に大橋禅太郎氏本人によるセミナー「すごい会議のすごい講義」も開催されるようなので、興味がある人は本人の話を聞きに行ってみるのもいいですね。自分も都合を付けて参加してみたいと思ってます。

One thought on “『すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>