Home » » 『アフォーダンス』

『アフォーダンス』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に久々の投稿になってしまいました。

アフォーダンス』を読みました。

本

アフォーダンスという言葉については、用語集レベルでの理解はしていて、その心許ない知識を駆使して「文脈」という力を借りながら各種の文章なり、議論を読んできた。だけど、こりゃ、ちゃんと知らなきゃダメだねということで、佐々木正人氏の『アフォーダンス』をやっと読んでみた。

この手の本で一般的に期待されている(あるいは勝手に思いこんでいる)展開は、最初にサクッと「アフォーダンスとは××のことで…」と、その分野の概要を伝えてくれて、そこからそれについて詳しく突っ込んでいくというものだろう。仮にそれが一般的でないにしても、自分はそう思いこんでいたので、最初は途中まで読んで戸惑ってしまった。

佐々木氏はこの本で、最初にアフォーダンスとは何かを示して、そこから各論に入っていくような展開を取っていない。この本では最初に「フレーム問題」の例を示して、環境を認識するという、普段我々があまり意識していないことについて問題を提起する形を取っていく。そして、そこからアフォーダンスを提唱したギブソンの理論の発展を追っていく形でアフォーダンスにたどり着こうとする。

自分の理解力もあって、(当然ながら)ギブソンの思考過程を完璧に追随できたわけではないが、この形式で書かれていることで、アフォーダンスに至るまでの理論の「仮説→検証」の繰り返しを追えるのが面白い。ページ数は少ないが、じっくり読み進めていくことで、単に用語集レベルでの理解でしかなかったアフォーダンスの理論をより深く理解できたと思う。それは、この本の形式に依るところが大きいと思う。

アフォーダンスの考え方を知ると、一般的によく言われていることだからかもしれないが、デザインとアフォーダンスの関係に興味が広がってくる。例えば、自分の場合だとWebサイトとかソフトウェアのデザインとアフォーダンスとか。

ちょうど今、開発を続けてきたシステムを一部ユーザさんが使って、そのQAに対応するというタスクがある。他にメインのタスクを持っていて、ヘルプとして(最初は)かなり渋々やっているタスクだから、ユーザさんからの「このボタンがここにあったら間違えて押してしまう」とかいう質問に「もっと注意すればいいじゃないかー!」とか思っていたが、冷静に考えてみれば、ボタンのアフォーダンスというか、「そこにボタンがあるから」という理由でやっぱ押しちゃうようなという気にもなる。

アフォーダンスの入り口をくぐり抜けた(本当か?)ことをきっかけに、今後、そういう方面もちょっと探っていってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>