Home » » 『サブプライム問題とは何か』

『サブプライム問題とは何か』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉』を読みました。

サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254) サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)
春山 昇華宝島社 2007-11-09
売り上げランキング : 89Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近では新聞やニュースに出てこない日がないくらいに騒がれている「サブプライム問題」。それが、低所得者向けの住宅ローンだということは新聞でも簡単に説明されているし、日々のニュースを追っていると、なんとなく最近の動きは理解できる。それでも、「サブプライム問題」の根本的なところを理解していないので、なんとなくすっきりしない。

最近では書店でもサブプライム問題について取り扱っている本が増えてきたので、一番読みやすそうな新書版の『サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉』を手に取りました。

結果としてこの本にして大正解。なんとなく理解していたサブプライム問題がすっきりと理解できました。

本書では、アメリカ人にとっての住宅とはどういう存在なのかという説明にはじまり、アメリカで住宅ブームが起きた背景、住宅ローンの実態、住宅バブルを後押しした証券化という金融技術の進化などが解説されています。また、サブプライム問題を受けて、今後、アメリカや世界はどのようになっていくのかということについても触れられています。

どの解説も非常に丁寧で、随所に挿入されている図やグラフも理解を助けてくれます。金融の知識があまりない人にでもわかりやすいように解説されていますし、これを読めばむしろ金融についての興味が深まるような内容になっています。

これを読んで驚くのは、アメリカの住宅ローンの実態(特にNINJAローンの存在など)。こういうのがまかり通っている国というのも恐ろしいなぁと思いますが、かつての日本のバブルも同じようなものだったんですね。そして、最終章にも書かれているように、明日は我が身としてこの問題と、今後の日本の状況を注視していかなくてはいけないようです。

問題の大きさの割には「難しそう」「自分とは関係なさそう」と思ってしまいそうなものですが、本書はとても読みやすく、わかりやすくまとまっているので、ぜひ一度読んでおきたいところです。

著者の方のblogもあるようなので、今後、チェックしていきたいと思います。

 ・Doblog – おかねのこねた : 春山昇華の賢楽投資生活 –
http://www.doblog.com/weblog/myblog/17202

サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)
サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254) 春山 昇華宝島社 2007-11-09
売り上げランキング : 89Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書) ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687) 決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール 新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書 488) 波乱の時代(上)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>