Home » » 『スウェーデン式 アイデア・ブック』

『スウェーデン式 アイデア・ブック』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーデン式 アイデア・ブック』を読みました。

ideabook.jpg

画像だけだとわかりにくいかもしれませんが、見た目にきれいな本。手に取りたくなる、読みたくなる本です。

スウェーデン式といっても日本では全くお目にかかれないようなものではなく、著者がスウェーデン人だということ。内容は、アイディアを産み出すためのヒントについて書かれたエッセイと実践するための質問。それが30載っています。ヒントの中には他の本でも見られるようなものもいくつかあります。

こう書いてしまうと、とっても凡庸な本のように聞こえますが、Amazonで多くの人が書いているようになかなか良い本です。

自分が「面白いなぁ」「参考になるなぁ」と思ったもののタイトルをいくつか挙げてみると

・はてなタクシー
・満腹病
・バグを探す
・アイデアメーション
・創造性の4B
・発想のもと

などなど。

例えば、「アイデアメーション」。これは著者の造語で、「アイディア」と「インフォメーション」をかけたもの。その心は「誰もが最初に思いつくようなもの」 例えば、広告を作る際、有名な絵画を一点使おうというと、多くの人がダ・ヴィンチのモナリザを思い浮かべるという例を出しています。このように、直観的に思いついたものではないもので、初めに思いつく3~5個くらいの考えは、他の誰もが大抵思いつくもので、アイディアではないと言います。そのためには、とにかく数多くアイディアを出すのが大切だとか。

この本で何度か出てくる主張は、このアイディアはたくさん出しましょうという点。もちろん、最初からキラリと光るアイディアをつるっと出せれば良いけど、そんなのは現実的じゃない。なので、数を多く出すことで、すばらしいアイディアを出す確率を高めると良いんですね。

実は密かに挫折してしまっていたアイディアマラソン。この本を読んだことを期に再開しちゃいます!

そんなモチベーションをあげてくれる良い本ですし、30の質問文もどれも面白いので、ぜひこの本、試してみてはいかがでしょうか?

この著者の日本語サイトもあって、サイトでは書き込み式の本も売っています。(内容はこの本とほとんど同じなのかも)

・I D E A B O O K
http://www.jp.interesting.org/index.html

そして、この本にも出てきた楽しくて美しいゲームを扱っているサイトも発見。

・UNIQUS
http://www.uniqus.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>