Home » » 『三色ボールペン情報活用術』

『三色ボールペン情報活用術』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三色ボールペン情報活用術』(齋藤孝著/角川書店)を読みました。

sansyoku.jpg

三色ボールペンで読む日本語』で三色ボールペンを使って本を読むことを提案した齋藤氏が、今度は三色ボールペンを使った情報活用術について書いています。

世の中に「情報整理」の類の本は多いですが、それらを参考に整理をしてもなかなか活用しきれない。整理することが目的になってしまっている。しかし、大切なのは齋藤氏が言うように、情報を整理することではなく、活用すること。

情報は、基本的に活用することに意味がある。だから、それがうまく活かされるのであれば、たとえ整理・整頓などされていなくても構わないと私は考えている。

そこで登場するのがおなじみ三色ボールペン。

この本で、それなりに参考になったのは、レジュメや資料を三色ボールペンを使って加工する方法と、三色手帳術。

この本を買った時に、ざっと最後まで目を通してから試しているのが、会議のレジュメや仕事での資料を三色ボールペンを使って自分なりに加工していくこと。

この本にも書かれているように、レジュメや資料は味気ない、決して読みやすいとはいえない資料で、そのままでは活用しにくいものです。三色ボールペンを使って、それらの資料を、自分なりに情報の重要度や参考になる点を色分けして整理していくことで、自分にとって使いやすく、意味のあるレジュメや資料になる。

続く三色手帳術は、自分の予定を「赤は最重要の用事」「青はまあ忘れてはいけない用事」「緑は趣味的にやる用事」の三色に分け、管理していくやり方。こうして、一日の時間を三色に切り分けていくと、自分のスケジュールが一目でわかる。特になるほどと思ったのは、

赤と青で埋められていない余白の部分を、緑でくくるということをよくやる。そうすると、自分が好きに使える時間がどのくらいあるのかがパッと見渡せる。

ということ。

三色ボールペンで読む日本語』でも同じようなことを言っていた記憶がありますが、この本で齋藤氏は情報を「立ち上がらせる」ということを何度か言っています。

彼の三色ボールペンを使った主張で一番納得がいくのは、本や資料、スケジュールなどを三色ボールペンを使って加工することで、単なるデータや情報を「自分にとって意味のある情報」として浮かび上がらせることです。

仕事をしていると、確かに会議や要件の資料はそのままだと使いにくい。あちこち参照していたり、初めて読んでから時間が経つと、なぜこの資料が必要なのか、この資料のどこが自分にとって重要なのかが見えなくなってしまうことが多い。

手帳の空いている部分を緑でくくることで、そこを自由な時間として認識する方法などは典型的だと思いますが、そのままでは見えない、あるいは見えにくい媒体が非常に多い。そういうものに自分なりの意味を持たせるために、この三色ボールペン方式は有効でしょうね。

追記
ただ、本を読む際には三色ボールペンは使っていません。『三色ボールペンで読む日本語』を読んだ直後は積極的に使っていましたが、今やっていない主な理由は、

・電車で立って乗っている時や何かの合間にちょこっと読む時に線が引けない
・線を引くことで、スピードと思考の流れが中断される

という感じですね。

机に向かってじっくり読む類の本や、何度も読み返してすべてを自分のものにしなくちゃいけない類の本は、三色ボールペンを使う時もありますが、その時でもなるべく一度目に読む時は使わないようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>