Home » » 考え事 » 『[新装版]30歳からの成長戦略』

『[新装版]30歳からの成長戦略』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[新装版]30歳からの成長戦略』を読みました。

4569779905

以前からこのblogを読んでくださっている人はお気づきかもしれませんが、この本、実は何度も取り上げています。

初めて読んだ時。そして、そこから色々なフィードバックをもらって考えた時。その後、文庫化された時。これ以外にも、エントリー中でちょこちょこ触れているものもあると思います。

最初にこの本を読んでいたのは、27歳の時。それから6年も経ち、本当に「30歳」を超えた今、新装版になったのをきっかけに読んでみました。

改めて目次を載せてみるとこういう感じ。

第1章 成長戦略を構築しよう―「生存の不安」を感じる若者へ
第2章 ビジネス・スキルより差別化の戦略を―「知の大衆化」時代における成長戦略
第3章 アウトプット志向学習法のすすめ―闇雲な勉強で疲労しないために
第4章 成長するための思考法―部分ではなく全体、批判よりも対案を
第5章 集中力を最大にするタイム・マネジメント―積極的な弛緩のすすめ
第6章 付加価値を高めれば、資源はついてくる―「時間」「金」「人脈」を追いかけない
第7章 MBAコンプレックスを克服する―これだけでOK!「三十分MBA講義」
第8章 論理と感情を併せのむ―論理的思考からレゾナンス思考へ
第9章 経営者人材をめざす―自分の心のマネジメント
第10章 成長戦略を変えよう―若者におくる成功の五原則

実際に読んでいただくとわかるかと思いますが、「現状把握」→「今すぐ身につけるべきこと」→「その後身につけるべきこと」という流れになっており、とても頭に入りやすい構成になっています。

今回読んで感じたのは、27歳の当時と33歳の現在では、読んでみてうなずくポイントが変わったなということ。

当時は、前半の方の考え方やアウトプット志向学習法やタイムマネジメントなどに強い印象を受けました。今回ももちろんアウトプット志向学習法やタイムマネジメントは良い復習になりましたが、どちらかというと、後半の論理と感情の併せのみや、自分の心のマネジメントというところで、たくさんの気づきがありました。

それだけ自分の意識も変わったということでしょうか。

読みやすく書かれており、ボリュームも適切なのですが、なにぶん内容が濃いため、後半に行くほど息切れ状態になってしまうかもしれません。

それでも、ぜひじっくりと読んでいただきたいのが第10章の「成長戦略を変えよう」の中にある「成長戦略四つの類型」という部分。今までの総まとめも兼ね、かつ自分の現状を診断することができる内容です。

しばらく前まで自分がもがいていたのは、山本さんに「こういうやり方は絶対に駄目である」と言われてしまった「模範優等生型」に近かったからかなと気づきました。

この部分に限らず、本書は折を見て読み返すことで、自分が何をできているか、何ができていないかを見直す良いきっかけになる本です(かといって、「ここに載っているものをその通りにやれば、あなたも成功者!」という類のものではありません)。

まだまだ迷い多き日々を手探り状態で歩んでいる身ではありますが、次に読み返した際、「あ、この本はもう卒業だな」と生意気なことが言える日が来るよう、日々研鑽しようと思います。

関連エントリ
『30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう』
続・『30歳からの成長戦略』
『30歳からの成長戦略』文庫化

[新装版]30歳からの成長戦略
4569779905

関連商品
40歳からの仕事術 (新潮新書)
20代 仕事筋の鍛え方
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>