Home » » 英語学習 » 『村上式シンプル英語勉強法』

『村上式シンプル英語勉強法』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける』を読みました。

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

著者はGoogle日本法人社長の村上憲郎氏。31歳で外資系企業に移ってから真剣に英語を勉強した体験を元にまとめたのが、この村上式シンプル英語学習法。

本書の構成はこのようになっています。

Prologue 英語が出来なきゃ話にならない
Chapter 1 英語を読む
Chapter 2 単語を覚える
Chapter 3 英語を聴く
Chapter 4 英語を書く
Chapter 5 英語を話す
Epilogue 英語の勉強に終わりはない

見ていただくとわかるように、非常にオーソドックスな章構成で英語学習法が紹介されています。より詳しい目次はここから読めますが、これを見るとわかるように、紹介の仕方だけでなく、学習法の内容そのものも非常にオーソドックスな内容になっています。

例えば、

  • 「英語を読む」:まず100万語を目標にして多読をする、最終的には1分間に500ワード読めることを目指す
  • 「単語を覚える」:ビジネスで困らない目標は1万語レベル
  • 「英語を聴く」:1000時間聴く

というように、英語学習について情報収集したことがある人にとっては、決して目新しい内容ではないと思います。

これに加えて、例えば多読の際は「知らない形容詞は「good」か「Bad」に変換する」とか、単語の覚え方は「とにかく見る」ことなど、著者なりの工夫も紹介されています。ただし、これも「今までにはない画期的な学習法」というものでもないでしょう。

逆に言えば、英語を仕事で使えるようなレベルになるには、やはり相応の時間をかけることが必要だということですね。例えば、リスニングは1日1時間聴くのを3年続けろという話が出ていますが、最初からそれくらいの時間は覚悟することは必要だということでしょう。

村上氏自身、31歳でDECに移り、日本企業から外資系企業という文化の違いを乗り越えつつ、そして当然のことながら仕事をしつつ英語を勉強し、今ではGoogle日本法人社長、そしてGoogleの副社長という任務をこなせるだけの英語力を身につけたということで、仕事をしていて英語を身につけたいと考えている人には非常に参考になる一冊だと思います。

また単に学習法だけを紹介するだけでなく、お薦めの参考書として、村上氏が実際に使ったり、目を通した上で何冊か紹介していますので、そちらも参考になります。

当然、それぞれの目的によって身につける英語は変わってくるかもしれませんので、ここで紹介されている勉強法が必ずしも全ての人に当てはまるわけではないかもしれませんが、非常に読みやすく、ボリュームも152ページと手頃なので、英語を勉強している人は一度目を通してみるのも良いかも知れません。

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
村上 憲郎

447800580X

関連商品
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>