Home » » 『結城浩のWiki入門』

『結城浩のWiki入門』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結城浩のWiki入門 YukiWikiではじめる みんなで作るWebサイト』を読みました。

wiki.jpg

PerlやJava関連の本、あるいは暗号技術の本、そして何よりもYukiWikiの作者である結城浩さんのWikiの本。日本語で読めるWikiの本としては、現時点で『Wiki Way』に次ぐ2冊目の本。

Wikiという名前自体は、例えばWikipediaなんかで聞いたことがある人もいるかもしれない。

・Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/

Wikipediaは、みんなで作っていく百科事典で、各国語版もあり、多くの人が熱心に更新を続けている。本家の英語版の情報量は本当にすごくて、なんかを調べるときに、最近とても重宝しているサイトのひとつだ。

そんなWikipediaのベースとなっているWikiって何?と聞かれると、答えるのがちょっと難しい。最近は「一言で言うと、ルーズリーフとバインダーみたいなもの」と答えるようにしている。まだ使いこなせてない感じもあるので、使用感としてはあやしいけど、ラフな感じの情報をどんどん貯めていくのにとても合っているような気がしている。もちろんきちんとしたサイトを作ることも可能だ。

ちなみにe-Wordsでの説明はこんな感じ。

・Wikiとは 【ウィキ】 
http://e-words.jp/w/Wiki.html

と、自分の理解不足、説明下手というのもあるが、実際にWikiを触ったことがない人にWikiとは何かとか、それはどういう特徴があるのかなんかを伝えるのは、ちょっと難しい。

しかし、この結城さんの本は、Wikiの特徴や良さをとてもうまく伝えている。そして「Wikiを使ってみたいな」と思わせてくれる本だ。とりあえず自分のパソコンのローカルにインストールする方法から、Web上で公開する方法まで、周辺の技術も含めて、丁寧に解説してある良書。

Wikiって知らないし、技術的なことにかなり明るいわけではないけど、情報を貯めて、活用する手段としてのWikiには興味があるという人にはお薦めの本になるでしょう。

ちなみに自分はこの本を読んで、まずはYukiWikiを入れてみるものの、どんどん使っていって「こんな機能はないのかな?」と思っていたものが、PukiWikiにはプラグインとしてかなり整備されていることを知って、PukiWikiに乗り換えてしまいました。(結城さん、ゴメンナサイ)

この本を読んで以来、実際にWikiを使っていますが、いやぁ、とにかく面白い。インストール後、いろいろと遊んでいるところ、技術的なことにはかなり明るい同僚がメッセンジャーにログオンしたので、さっそく捕まえて、散々お薦めをしたところ、さっそく彼もインストールした模様。当面はふたりでWikiを使って何ができるのか、そんな話で盛り上がりそう。自分でいろんな使い方を試しつつ、先人のWikiサイトを行脚して、活用法を模索しようと思ってます。

使っていると「こんなことできるかな」とか「これは、こんな感じで使えるな」とか、いろんなアイディアが出てくるので、そのうち何かに使いたいと思います。このblogの情報の整理用にも使えるかなぁと思っているので、今は非公開で使っていますが、そのうち公開できるところは公開するつもりです。

以前からWikiに興味を持っていながらとっかかりがつかめなかった人や、情報を貯めていく良い手段を探している人は、一度読んでみることをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>