Home » » 『翻訳に役立つGoogle活用テクニック』

『翻訳に役立つGoogle活用テクニック』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳に役立つGoogle活用テクニック』(安藤進著/丸善)を読みました。

この本、かなりのヒットです。

4621072943

この本のはじめに書いてあるように、現役の翻訳者が「Googleを表現辞典として使いこなすためのテクニック」まとめたのがこの本です。

「翻訳者のための」という書名がもったいない。これは、翻訳者に限らず、英語にかかわる人すべてが覚えておくべきテクニックでしょう。英語を書く時にここに書いてあるようなことを知っていると便利なのはもちろん、読む時にでも大いに使えるテクニックが満載です。

その全てが、まったくGoogleを使ったことがない人でもわかるように、丁寧に、しかも簡潔に解説されています。読んでいてストレスを感じない、必要なことだけが過不足なくわかる説明になっています。

本の構成は基礎編と演習編の大きく2つに分かれています。基礎編では、Googleを表現辞典として使うためのテクニックが一通り解説されています。

例えば、英語を書く際に困るのが単数・複数のどちらを使えばいいのかということ。どちらかが間違いというわけではないにしても、一般的にどちらを使えばいいのかを、Googleを様々な形で使って判断していきます。

基礎編で秀逸なのはイメージ検索を使っての適切な訳語の決定です。これは演習編でも詳しく出てくるのですが、例えば工事現場を描写している文章中に「ヘルメット」という単語が出てきたとします。これを正しく英訳するために辞書をひくと”helmet”と”hard hat”という2つの訳語が出てきたとします。

和英辞典をひいて、ひとつの語に対して複数の候補が載っていて困ったという場面は多くの方が経験しているはずです。特に、名詞や固有名詞となると、わざわざ複数あるということは、それらが明確に別のものを指していることが多いでしょう。

そこで利用するのがイメージ検索です。実際にイメージ検索で”helmet”の結果“hard hat”の結果を見れば、工事現場で使う「ヘルメット」の訳語にどちらを使えばいいのか、まさに「一目」瞭然です。

この他にも、ある単語の後にどの前置詞をつなげるのが適当なのか等、我々が英語を使う際に悩むであろうことのほとんどをGoogleの検索によって解決できることがわかります。

「そうはいっても、この手の類の本って、読んだ時はなるほどと思うんだけど、いざ自分で使おうとすると、そうそううまくはいかない」と思う方もいるでしょう。そういう点をきちんとカバーしてくれるのが、演習編でのトレーニングです。この部分はいわゆるケーススタディにあたる部分です。

実際に、英訳・和訳の課題を通して、基礎編で学んだテクニックの使い方や応用の仕方を身につけていきます。ここの解説も素晴らしい。ひとつひとつ、どのような手順を踏んでいけばいいかを、省略せずに書いてくれているので、実際の場面でどうGoogleを使っていけば良いかがよくわかります。

今まで「検索サイトの使いこなし方をきちんと勉強すれば便利そうなのはわかるんだけど…」と思いつつ、どこから手をつけていけばわからなかった方は、英語の勉強を兼ねてこの本を読んでみてはいかがでしょうか?薄いので一気に読み進めることができますし、基礎編と演習編で紹介されたテクニックは、すべて最後のまとめの章にまとまっているので(これも便利!)、後から「あのテクニックって…?」と思った時でも簡単に調べることができます。

まだチェックしてないのですが、最近同じ著者が『Googleに聞け!英語の疑問を瞬時に解決』という本を出したそうです。

google3.jpg

こちらでは、翻訳に限らず、より一般的な英語学習上での疑問を解決するためのGoogleの使い方を披露しているようなので、こちらから読んでみるのも良いかもしれません。

いずれにせよ、英語に少しでもかかわる方は読んで絶対に損はしない本です。

3 thoughts on “『翻訳に役立つGoogle活用テクニック』

  1. 私もこの本お勧めです。
    もう一冊の方を買おうと思いますが、非常に微妙な値段ですね。1500円にしてくれたら買いやすいのに。

  2. 以前本田さんがご紹介されたときに、自分もこの本買いました!こういう使い方ができるのか!と驚かされる本ですよね。

  3. コメントありがとうございます!

    確かにいいですよね、この本。Google本も若干食傷気味と思ってた頃に、こういう専門性の高いGoogle本を見て、中身もさることながら、その企画になるほど!と思いました。

    既にありふれていることでも、そこに何か専門性の高い味付けをすると、ピリリと引き立つのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>