Home » » 『30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう』

『30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう』を読みました。

4569640346

すごい本が出てしまった。

大学受験の頃、自分は現役で第一志望の大学に落ち、すべり止めで受かった私立大学に仕方なく通っていた。しばらくして、やっぱり第一志望の大学に行きたいと思い立ち、大学に行きながら受験勉強をした。その頃は、まだそういう「仮面浪人」という形で合格した人の情報なんかは出回っていなかったから、常に暗中模索で、普通に浪人するよりも辛いような気になっていた。

なんとか合格した後、ある本でまとまった体験記を執筆する機会に恵まれ、同じような境遇の人に情報提供ができた。また、その後、インターネットが普及し、受験生同士のコミュニティなどをのぞいてみると、同じような境遇の受験生や経験者が情報交換をしていた。

そういうのを見ながら「贅沢な時代だな」と思ってしまったことがある。ひがんでいるとかではなく、ぼんやりしたものではあっても、自分が手探りで進んできた道にガイドがついているということを、うらやましいと思ったのだ。

しかし、そんな自分も、人生の先輩方の「贅沢な時代だな」というぼやきを聞くはめになりそうだ。それは、山本さんの『30歳からの成長戦略』という本が出てしまったからだ。

以前に『40歳からの仕事術』を読んだ感想をこのblogに書いた。その後、たまたま山本さんがこのblogを見つけてくれたご縁で、山本さんと直接お会いすることができ、著作について語る機会を得た。

この『40歳からの仕事術』という本に自分は感銘を受けたし、とても「使える」本だと思った。しかし、読んだ後、隔靴掻痒の感というか、すとんと自分に落とし込めないような感じを受けて、その話を山本さんにしたことがある。

その後、自分だけでなく、多くの方々との対話を通して、われわれのような贅沢でわがままな若者のために書き下ろしてくれたのがこの本なのだ。

武道などの日本の伝統芸能の世界では、物事を学び始めてから独り立ちしていくまでの過程として「守破離」という三段階を経ていくという考え方がある。簡単に説明をすると、最初は指導者の教えを守る段階。次に自分なりの発展を試み、指導者の教えを破る段階。最後には指導者や教わった型を離れて独自の世界を創り出していく。大雑把に言うと、こういう段階のこと。(間違ってたらご指摘ください)

この『30歳からの成長戦略』では、惜しげもなくこの「守」の部分を披露してくれている。今まで個々のスキルを「これからは○○を知らなきゃダメ!」と喧伝するような本や雑誌はあったが、このように包括的に、かつ現実的に(「守」の部分では差別化できないんだから、超効率的に学べ!という感じ)教えてくれる本はなかった。

さらに暗黙知のような「破」の部分(論理と感情を併せのむ、欲と無欲を併せのむなど)についても、自身の経験を通してうまく伝えてくれている。下手をすれば、われわれがそこにはまってしまった時に、酒でも飲みながら「若い時はそんなもんだ」と流されてしまうようなことを、山本さんはなんとしてでも伝えようとしてくれている。

この本の内容についての詳しい書評は、ぶっくさん他、山本さんのblogからリンクが張られている素晴らしい方々が書かれているので、ぜひそちらを読んで頂きたいと思う。ちなみに、ぶっくさんの書評は、章ごとにまとめられてるし、推薦図書まで踏み込んでいるのですごい!

自分は、この本を読みながら、ただただ「まいったな。すごい本が出ちゃったよ」とつぶやき、そして、最後の最後、「最後に-私の想い」で感激をしてしまった。

私ごとき者でもできることがあったら教えてほしい。さらに、あなたたちのためにできることを探していきたいと思っている。それが、我らの世代の大きな義務であると信じているからである。

読み終わって、ほとほと感激し、改めて山本さんのblogを読み返していた。山本さんの12/30のエントリーで、ビジネス書について山本さんが語っている部分がある。(自分もそう思う!)その最後に、自分が本を書く4つのスタンスを挙げているのだが、その4つめがこう。

私の場合の品質基準は、自分の魂のこもり方のレベル。使命感に駆られて書くというスタイルを堅持する。

山本さんが本の中で「若者に広がる三つの病」というのを指摘しているが、その3つめに目標モデル喪失症というのがある。ロールモデルが不在の時代ということ。この本を読み終えて、この本こそ、そして山本さんと、その姿勢こそが目指すべきところだなぁと思った。それはすなわち、「守破離」の「離」の段階で目指すべきイメージなのかもしれない。

一冊で「守破離」の三段階をイメージできる『30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう』、お薦めです。

6 thoughts on “『30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう』

  1. 新井さん、お久しぶりです。
    本年もよろしくお願いいたします。

    本を読んだ感激がそのまま伝わってきました。気持ちのこもったコメントをありがとうございます。

    そのようにコメントいただき、本書をゲラ段階から読んだ一人としてとても嬉しく感じます。

    そうです。本書はあなた方のために書かれた本なのです。

    出版についてのコメントは業界人として耳が痛いのですが、私と山本さんはそういう出版をしないことを誓い合いました。

    今後も山本さんの本を出しますよ。(既に次の企画に入っています。)

    また私の日記までご紹介いただき恐縮です。あれは読者広報活動(Readers Relations)としてやっています。

    少しでも本書の素晴らしさを読者に知っていただき興味を持っていただければ幸いです。

    ぶっく

  2. ピンバック: 40歳からの仕事術
  3. araiさん

    どうもありがとうございました!
    ぶっくさんもご登場頂き深謝です。

    そうそう、「守破離」はモチーフの一つですよ(笑) ばれましたね(爆)

    心のこもった書評は嬉しいです。書いた甲斐がありました!

    これからもよろしくお願いしますね!

    ではでは

  4. > ぶっくさん

    コメントありがとうございます。

    本を読んでいて、山本さんの想いや熱意がガンガン伝わってきました。
    ホント、こんな本を読める自分たちは贅沢です。せっかくの熱意を
    無駄にしないために、まずは超効率的に勉強する部分を済ませちゃわ
    ないと!

    自分もメールマガジンなどで、読者広報活動やります。

    > 山本さん

    コメントありがとうございます。

    守破離、そうでしたかぁ。ばらしちゃいましたね(笑)。というのは
    冗談ですが、読んでいて思ったのですが、本当に日頃幅広い読書を
    されているんですね。話題の広がり方とか、ヒントを求める分野が
    他のビジネス書では見られない感じで、とっても気に入りました。

    また、blogでのコメント、ありがとうございます。光栄です。これ
    からも、皆さんに読んでもらえるようなblogにしないと!

    こちらこそ、これからもよろしくお願いします!

  5. ピンバック: Zopeジャンキー日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>