Home » » 『90日変革モデル』

『90日変革モデル』

51kk4U0YsYL._SL160_
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2冊目の訳書がついに店頭に並び始めました!

実は既にプロフィールの部分には載せていたのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、新しい訳書は『90日変革モデル 企業変革を加速させる3つのフェーズ』というタイトルです。

90日変革モデル 企業変革を加速させる3つのフェーズ (Harvard Business School Press) (Harvard Business School Press)

Amazonの内容紹介をそのまんま引っ張ってくると、

Google CEOエリック・シュミット氏絶賛!!

グローバル化、IT化、競争激化、リエンジニアリングの失敗– 企業はどのようにして変わればよいのか?現代のビジネス環境に最適な「90日変革モデル」とは?

1990年代、インターネットと急速なグローバル化の到来によって、情報を容易に入手できるようになり、たくさんの新たな経営課題への取り組みや、組織風土や業務プロセスの再考に迫られた。しかし、当時もてはやされていたリエンジニアリングの取り組みのうち、約70パーセントが着手してから5年以内に失敗していることがわかった。イノベーションが起こる周期は短期化し、飛躍的な進歩が起きる頻度も増加したため、この新たなペースの速い社会では、断片的で段階的なモデルはもはや効果的ではなくなったのだ。したがって、本書では、リエンジニアリングへの批判や、その非効率性を受け、現代ビジネスで利用できる効果的な変革の実践方法である「90日変革モデル」というフレームワークを提示する。

これは、30日ごとに3つのフェーズに分け、各段階で問題を突き止め、実行計画を立案するもので、10年以上にわたる調査研究に基づいた方法論を用いている。過去20年間に変革を経た500社以上(3M、IBM、GE、日産、アップル、ベリサイン、ヒューレット・パッカードなど)のサンプルから、56のケースについて分析し、業界の経営者層へのインタビュー、ケーススタディ、記録文書の調査を通して、成功要因だけでなく、成功した企業が用いた特定の実践方法やツールを突き止めた結果から編み出された。

汎用性があり、外部のコンサルタントや特定のシステム導入等をせずに実行でき、特定の国籍にとどまらない事例であることから、どの企業にも適用できる実効性を伴った有益なモデルである。

という本です。

前作の『プロダクトマネジャーの教科書』も仕事が大変な時期とぶつかってしまい苦労をした(ご迷惑をおかけした)記憶がありますが、今回も仕事やそれ以外の点でバタバタした作業になってしまいましたが、何とか出版することができました。

作業中、いろいろとお気遣いを頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

紀伊國屋では既に並んでいるようなのですが、ネットで調べると丸善やジュンク堂などはまだ置いていないようです。それ以外の書店にも近いうちに並び始めると思いますので、どうぞお手にとってご覧下さい(できれば買ってください)。

One thought on “『90日変革モデル』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>