Home » » 『中級の上をめざす英語トレーニング』

『中級の上をめざす英語トレーニング』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『中級の上をめざす英語トレーニング』(永田祥著/中経出版)を読みました。

書店に行くと、いわゆる英語学習本(どうやって英語を勉強していくかの類の本)が山ほど並んでいる。それらの中から自分に合ったものを探すのは、なかなか大変だ。それらの本で間違っていることを言っている本は(恐らく)ない。どれも著者の実体験に基づいたものだったり、科学的な裏付けがあったりして説得力がある。

とはいえ最後まで読んで思うのは「自分にはこんなに時間は取れない?c」ということではないだろうか?仕事をしている人なら尚更だ。言っていることは理解できるが、自分はそんなに時間を割けない、そう思ってしまい、「ま、別に英語ができなくなっていいか」と言い訳をしてしまう。

しかし、この本を読んだらそういう言い訳もできないだろう。著者は新聞社、そして出版社の記者として仕事をしながら、海外の大学院に奨学金付きで留学を果たすまでの英語力を身につけた。

「いや、でも著者はスタート時点で英検準一級、TOEIC830点も持ってるじゃないか。その人が更に英語力を上げるのと、そのレベルに至らない自分が英語力を上げるのは訳が違う」という言い訳もあるかもしれない。

しかし、それも単なる言い訳だということにすぐ気付くだろう。自分がやっている趣味でも何でもいい。それを初級レベルから中級レベルに伸ばすのと、中級レベルから上級レベルに伸ばすのとどちらが大変かを考えたら、著者の努力が並大抵のものではないことに気付くはずだ。

本文では、具体的な教材名とその使い方が載っているので、実際に自分が学習をする上で大いに助けになる。それに加えて、それらを使う上で、著者がどのような苦労をしたのかという話も載っているので興味深い。単なる精神論で終わるのではなく、非常に具体的な内容でありながら、読んでいるとモチベーションもあがってくる。もう一度英語をやり直そうと思った時、そして英語学習をやっていて挫折しかけている時、この本は必ず具体的な指針を示してくれるはずだ。

One thought on “『中級の上をめざす英語トレーニング』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>