Home » » 超『本』格会議&読書の幅を広げるヒント

超『本』格会議&読書の幅を広げるヒント

dictionary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LocalScope::などでも既に取り上げられていて、ちょっと遅れを取ってしまいましたが、橋本大也氏と百式による「忘年会議」に続いて「超『本』格会議」が開催されます。

今回のテーマは本。究極の一冊を教えあうことを目指した会議になるみたい。会議の趣旨の部分でなるほどな、と思ったのは以下。

読書で得られる知識は無限の可能性があります。最近、Webやメールマガジンといったネットの情報への依存度が高まる中、紙の本の情報はビジネスや生活で、同僚や友人に大きく差をつけるポイントになってきているなと思うのです。

まったくその通りですね。先日から騒いでるRSSリーダーを使うと、ネット上にある文章を、驚くほど簡単に自分の使いやすいように集め、読むことができます。ただ、やっぱり体系的なものを求めようとすると、本にはかなわないなぁという気がつくづくします。頭に入って来る道筋が違うんじゃないかって気がする。

そんな「超『本』格会議」、本好きの人には垂涎もののイベントかもしれません。(shigeyaさんと同じく、自分もスケジュールをあわせられるかどうか…。)このイベントの面白さ、というか期待感は、amazonのリストマニアを楽しんで読むのに近い感覚がありますね。

色んな本を読んでると思いつつ、知らず知らずのうちに自分の癖みたいなものが反映してしまっているのが読書。もちろん自分のテーマに沿って色んな本を読んでいくのは最高に楽しいんですが、周りの人の読んでいる本なんかを聞くと、新しい世界が広がる感じがして楽しいですよね。

ということで、amazonのリストマニアや書評に匹敵する、本の選び方に新しい視点をもたらしてくれるサイトをいくつか。

ビジネス書の杜
→どんなビジネス書が定番なのかを知りたければ、まずはこのサイトをチェック。数年前は、かなり充実していたように見えたサイトだが、最近更新されていないのが残念。

Webook
→言わずと知れたしんのすけさんの有名書評サイト。通勤時間が長いとはいえ、この読書量にはただただ頭が下がる。読んでいるだけではなく、自分で『バランススコアカードの使い方がわかる本』まで出してしまった。

balance.jpg

最近はお洒落なblogとして生まれ変わったWebookだけど、しんのすけさんの過去の猛烈な読書暦を知るにはWeb◎◎k of the Dayも見ないと。

くちコミ読書カフェ「Hon-Cafe」
→サイトに載っていた紹介をそのまま引用させて頂くと、Hon-Cafeは「 Hon-Cafeは、本を愛するHon-Cafeのナビゲーターたちと、読者のみなさんが、お気に入りの本について「これ、いいよ!」と情報交換する、ネット上の小さなCafeです。」というサイト。ナビゲーターがすべて女性なので、選ばれる本も多様で面白い。

◆オンライン書店ビーケーワン RSS配信サービス
→既にご存知の方も多いかと思いますが、かなり気に入っているのがビーケーワンのRSS配信サービス。RSSでビーケーワンでのランキングや新刊の情報を配信してくれる。かなり細かく分野が分かれているので、自分の関心のある分野の本の流れをつかむには最適。RSSリーダーを使っている人なら迷わず使ってみるべし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>