Home » » 『ブッダ』

『ブッダ』

515KAB7HJSL._SL500_AA300_
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブッダ』を読みました。

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)
手塚 治虫
4267890021

手塚治虫の長編『ブッダ』全12巻を読みました。

手塚治虫氏は大好きな作家ですが、彼の作品の中でも特に好きなのがこの『ブッダ』です。今回は、文庫版として出ている潮ビジュアル文庫で12巻読みました。

この文庫版の帯には「ごらん世界は美しい…」というセリフが載っています。最初は「すごいきれいなセリフだな」と思っていましたが、読み進めるうちに、もしかしたら、この言葉をこの帯に載せているのは、この作品の素晴らしい要約なのかもしれないと思いました。

ここに出てくるブッダは、悟りきった聖人ブッダではありません。この作品の最初では、彼は史実通りシッダルタとして登場します。そして、そのシッダルタが王族としての生活に迷いを抱き、出家し、そして悩み、悟りを開き、自分の教えを広める中でまた悩み、最後涅槃に入るまでが描かれています。

ここに出てくるのは紛れもなく、われわれと同じ「人間」であるブッダです。そして、そのブッダの周りにも善悪様々、とても魅力的な人間が登場します。彼らは、時にはブッダを誘惑し、時にはブッダを貶めようとし、ついにはブッダに心を許し、心を開いていく。漫画とはいえ、そこには本当に泥臭い、人間の悲喜こもごも全てが存在します。

そして、そのストーリーを通じて感じたのは、人間の持つ根の美しさ。世界の、宇宙の中の一部分でしかない人間の持つ、本当の美しさを、ブッダの一生を通して見事に描き切った作品だと感じました。

特定の宗教を信じる人間ではありませんが、この作品はとてもオススメです。手塚治虫が好きな人も、あまり良く読んだことがない人も、ぜひ読んでみて下さい。

しかし、自分は手塚治虫ファンで色んな作品を読んでますが(全部ではないのですが…)、彼の作品に出てくる人物はどれも魅力的ですね。

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)
手塚 治虫

4267890021

関連商品
手塚治虫のブッダ救われる言葉 (知恵の森文庫)
陽だまりの樹 全巻セット (小学館文庫)
奇子 (下) (角川文庫)
奇子 (上) (角川文庫)
手塚治虫の旧約聖書物語 1 天地創造 (集英社文庫)
by G-Tools

2 thoughts on “『ブッダ』

  1. 新井さんの言葉は本当癒されるねぇ(涙)
    今度は貸して下さい。
    あっ、新しい形の本屋さんやれば!?
    それも似合ってます。

  2. 世界の、宇宙の中の一部分でしかない人間の持つ、本当の美しさを、ブッダの一生を通して見事に描き切った作品
    このコメントが好きですね。日本はやはり宗教心を何らかの形で分断されている気がします。人間は、宇宙の中の一部で、人間の中にも宇宙があり、だからこそ仏の心、悪の心もあると思います。それがどういう形であらわれるのかがその人の宇宙だと思います。かならず呼んでみたいですね、この本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>