質問から始めよう – 『しつもん上司術』

41rgqjM9tVL._SL160_

ここしばらく、このブログを「社長ブログ」としてしまったせいで、何をどういうスタンスで書けば良いか迷っていたのですが、所詮自分は自分。

今までどおり日々感じたことを感じたように書いていきたいと思います。少しは仕事っぽい話しが多めになると思いますが、それは仕事のことを考えるのが楽しくて、どうしてもそれを考える時間が多くなってしまっている証拠だということで。

まずは質問から

日々、コンサルティングや研修などでお客さまと接していると、「人を動かす」ということに苦労をしている現場をよく目にします。『人を動かす』というそのものずばりのタイトルの本もありますが、本当に身近な例としてこんなところから。

  • 会議で意思決定をする
  • プロジェクトメンバーにアドバイスをする
  • 部下に指導をする

そういう状況でなかなかうまくいかない、という現場に遭遇をすると、多くの場合、なんとかして自分の意見を通そうと必死になってしまっているんですよね。

きっと、そうやって行動をする前にいろいろと考えたのでしょう。自分の頭の中でシミュレーションもしたのかもしれません。ただ、残念ながら、思い描いたとおりにことが進むことはほとんどありません

だから準備が不要だと言っているのではありません。準備は必要です。ただし、準備をしたからといって必ずしもうまくいくものでもありません。

そういう場面に遭遇したとき「ああ、もっとこの人が質問をうまく使えたらなぁ」と思うことが増えてきました。

「質問」というと、いわゆる世の中で言われているビジネススキルと比べて、簡単で、あまり重要ではないような印象を受ける人が多いかもしれません。

しかし、プロダクトマネジメントでいろいろな部門から集まってきたメンバーに動いてもらうのも、シナリオプランニングのファシリテーションをやっていて「もうひとこえドライビング・フォースを出してほしい」と思う時も、そこで効果を発揮するのは質問する力です。

たくさんある質問本

改めて質問の大切さ、そしてそれを伝える必要性に気づいてから、人に説明をするために「質問」に関する本を集中的に読んでいます。さすがに質問に関する本だけ読むわけにはいかないのですが、年内くらいを目途になるべく多くの質問本に目を通そうとしているところです。

ひとくちに「質問本」といっても、『あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール』のような一般的なものから『すべては「前向き質問」でうまくいく』のように自分自身に目を向けるもの、営業向け『質問型営業で断られずにクロージング 営業は「質問」で決まる!』、コンサルノウハウ『コンサルタントの「質問力」』といった仕事術系、そしてイノベーションに関する『キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム』といったところまで、実に多彩です。

(できれば年明けには、そういう成果をまとめて「ビジネスを進めるための質問」みたいなテーマでセミナーコンテンツにできるといいなぁと)

そこで、そんな中からいくつかお薦めの本を、気づいた時にご紹介していきたいと思います。

『しつもん上司術』

今日の一冊は魔法の質問でも知られている松田充弘さんの『しつもん上司術

479910280X

質問本の切り口はいろいろとありますが、この本のように上司と部下という関係をはっきりさせてまとめているというのは面白いですね。

「部下が自分の指示をきちんと聞いてくれない…」と感じているのであれば、それは自分がきちんと指示をできていない可能性があります。

この本では、そもそも部下を成長させるためになぜ「しつもん」なのか?そもそも、質問にはどんな種類があって、部下にはどんなタイプがいるのか?というような原則を確認するようなところから始まり、後半では具体的なケースを取り上げ、その場合に適切な質問の例を紹介しています。そのケースの種類はと言うと…

・部下の仕事をサポートするための「しつもん」
・部下が仕事に対して消極的なときにする「しつもん」
・部下の問題行動を正したいときの「しつもん」
・部下のメンタルをサポートする「しつもん」
・部下の成長を後押しする「しつもん」

といった分類がされていて、全部で25のケースが紹介されています。

どのケースも具体的で、思わず「これは使ってみよう!」と思ってしまうものが多いです。

仕事の現場で「しつもん」を使う意味や意義から、具体的な質問の例までをまとめた一冊で、ボリュームも多くないのですぐに読み終えることができます。「しつもん」が気になるあなたの最初の一冊としていかがでしょうか?

ちなみに「質問」とこの本で言う「しつもん」は何が違うのか?この質問の答えもなかなか面白いですよ。

「The Guide to the Product Management and Marketing Body of Knowledge (ProdBOK)」が届いた

medium_8507375947

先日「海外におけるプロダクトマネジメントに関する団体」という記事で、海外のプロダクトマネジメントの大きな動きをご紹介しました。

その中で、AIPMMが新たに『The Guide to the Product Management and Marketing Body of Knowledge (ProdBOK)』という知識体系が出版されるという話題に触れました。日本語では「プロダクトマネジメント・プロダクトマーケティング知識体系ガイド」というタイトルになる感じでしょうか。

medium_8507375947

その時点では、Amazon.co.ukでしか買えないと書きましたが、その後、Amazon.comでも取り扱いを開始したので、さっそく購入。

ちなみに日本のAmazonはというと、相変わらず発売日が2014/8/12と変な感じのままですが、ステータスが「近日発売 予約可」になっていたので、もしかすると、日本でも近いうちに購入できるようになるかもしれません。 → Amazon.co.jpでも購入できるようになりました。Kindle版だとすぐに手に入りますね。

参考までに、このエントリーの最後に「ProdBOK」の目次を載せておきます。

まだ完全に読み終わったわけではないですが、Section 1は「プロダクトとは?」とか「プロダクトマネジメントとは?」といったところから、他の知識体系の関係として、プロジェクトマネジメントやプロダクトマネジメント、あとはBABOKなどとの関係なども紹介されています。

Section 2では、Prodcut Management Lifecycleというプロセスモデルが示され(これが近いです)、各ステップが詳しく解説されています。

Part 3、最後の章はツールの紹介。ここはあまりサラッと触れられている感じですね(ザッと読んだところ)。

タイミングを見て、各章のざっくりとした要約をシリーズで紹介していけたらと思っています(と、どんどん仕掛かりが溜まっていく…)。

The Guide to the Product Management and Marketing Body of Knowledge (ProdBOK)
Greg Geracie
0984518509

Section 1: Understanding Product Management
Chapter 1: Introduction
Chapter 2: Product Management and Product Marketing Management
Chapter 3: What Is a Product?
Chapter 4: What Is Product Management?
Chapter 5: Common Product Management Roles
Chapter 6: Aligning ProdBOK with Other Exisiting Processes (and Why It Matters)
Chapter 7: Product Management’s Relationship with Other Disciplines

Section 2: The Product Management Lifecycle Framework
Chapter 8: Introduction to the Prodcut Management Lifecycle Framework and Process Groups
Chapter 9: The Fundamentals
Chapter 10: The Conceive Phase
Chapter 11: The Plan Phase
Chapter 12: The Develop Phase
Chapter 13: The Qualify Phase
Chapter 14: The Launch Phase
Chapter 15: The Deliver Phase
Chapter 16: The Retire Phase

Section 3: Key Product Management Tools by Product Lifecycle Phase
Chapter 17: Product Management Tools

Appendix A: Contributors and Reviewers of ProdBOK Guide – First Edition
Appendix B: References
Appendix C: Glossary of Terms

photo credit: Library & Archives @ Royal Ontario Museum via photopin cc

『日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方』から考える頭の使い方

cover

先日、弊社 株式会社スタイリッシュ・アイデアで開催した「2200 Lab 第3回「ことばとしての英語〜向き合い方と学び方」」は、講師の四軒家さん自身の学習体験や指導経験から、非常に濃い、充実したワークショップになりました。

改めて考えるのは、われわれが英語ができるようになれば、それで万事いろいろと解決するのだろうか、ということ。

実はそうでもないんじゃないかという思いが、レビュープラスさんから献本いただいた『日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方』を読んでいて改めて強くなりました。

4534051026

著者の北山さん自身、日系企業からグローバル企業に転職し、いろいろな苦労をされたようです。その経験を元に、日本人が「世界で戦う」ために必要なコミュニケーションの考え方、そして具体的なポイントをまとめたのがこの本。英語も大切なのですが、普段、日本語で話していることをそのまま英語にしてもうまくいかないということを痛感できる内容です。

第1章でまとめられているのが世界標準のコミュニケーション7つの「基本ルール」というもの。その7つの概要を紹介すると、こんなところ。

  1. 多様性
  2. リスペクト
  3. リアクション
  4. 理由
  5. 主張
  6. 二者択一
  7. 自立

個人的には「リアクション」と「理由」をもっと意識したいと思いますね。

「リアクション」については、ここでは「会話で「間」があくのは放送事故だと思え」と、ドキッとするようなことが書かれています。これは本当にそうですよね。間が空いたりすると、苦笑いだかなんだかナゾの笑いが出るようなことがありますが、それに合わせて笑ってくれたり、反応してくれるのは同じ日本人だけで、日本人以外が相手だと「なんで笑ってんだ?」という感じで、非常に気まずい空気が流れます。

あとは「理由」。自分の考えを言って、そこに必ず理由を言うというのは、ある意味「癖」の問題。誰かとコミュニケーションをしている時に限らず、自分で何かを考えたら「なんで?」と自分で突っ込んでみる。理由を言うように心がけるくらいではなくて、意見と理由を当然のように一緒に伝えるくらいに意識することが大切ですね。

第2章以降は、著者の具体的な経験も踏まえて「組織と人間関係」(第2章)、「実践テクニック」(第3章)、「会議」(第4章)、「メールと電話」(第5章)についての話しが紹介されています。

読み終えて悩ましく感じるのは、今の環境でどうやって世界で戦うための場数を踏むのか。『ハーバードとグーグルが教えてくれた人生を変える35のルール』を読んでいても思いましたが、お金と時間をつぎ込んでハーバードビジネススクールに行く意義は、ケースではあるものの意思決定の場数を大量に踏めることなんだと思うんですよね。

4797371390

グローバル企業でのコミュニケーションもそうですが、そういう経験を誰もが積めるわけではない中で、何をすれば良いのかというのは日々考えているところです。日本にいる中で、仕組みとして、そういう環境を得ることはすぐには難しいかもしれませんが、個人としてはまずは意識的にこの『日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方』で書かれているような頭の使い方、会議の実践の仕方、メールの書き方などに取り組んでみることからでしょうか。

1 2 3 4 5 102