自分に対する気づきを集める

最近は絶好調でもなく、絶不調でもなく。

Contemplation 1 B&W

ほどほどに良いことがあり、ほどほどに嫌なこともあり、〆切だらけで、体調が悪い。

そんな日々が続いています。

なんかあんまり良くなさそうな感じですね(笑)。

とはいえ、このほどほどに良いことも嫌なことがある感じがちょうどよく、浮かれることもなく、落ち込むこともなく、前に進んでいるという感じです。

しかも、世の中がこういう感じなので、連続的には想像が及ぼないような範囲までの将来をぼんやりと考えながら、自分は何がやりたいんだとか、やりたいことをやるためには、今を、そして少し先をどう過ごせばいいんだとか、そういうところにも思いが巡ります。

今日、ついつい買ってしまった「Casa BRUTUS 2011年 07月号」。

B0051H4EIQ

まだ途中までしか読んでいませんが、今月の特集の「理想の暮らしが買える店。」の中の「達人オーナー3人に聞きました、最強セレクトショップのつくり方。」が面白いです。

その中で、ソニア パークさんに対する「いちばん楽しい瞬間、いちばん寂しい瞬間は?」という質問の答えが面白かった。

幸せなのは、本当に美しいものに出会ったとき。私は、人の手によって生み出されたものに感動するし、心が揺さぶられるんです。(このあと「寂しい瞬間」の話も含めて続く)

こういう台詞ってすぐに出てきそうな感じもしますが、いざ考えてみると、そうでもないような感じもするんですよね。日頃から自分を客観視するというか、メタ的に見るというか、そういう積み重ねが必要な気がします。

「あ、こういうの好きだな」とか「こういう場面で、いつも気分が下がる」とか、そういう自分に対する気づきを積み重ねていかなくちゃいけない。

いま自分が意識しているのは、まさにそういうところ。

どういう時に楽しいと感じで、どういう時にすぐ飽きてしまうのか。たくさんの情報に触れているとき、どういう基準で何かを選んでいるのか。どういうものを面白いと思っているのか。人と話をしている時、心地よいと感じている時と、居心地の悪さを感じている時の違いは何なのか。とかとか。

意外と自分は何が好きで、どういうことをやりたいのかって、わかっていそうでいながら、わかっていないもの。

だから、最近は、そういうことを意識して過ごしています。

Creative Commons License photo credit: DigiDragon

[ad#ad-footer]

MacBook Airがほしくなる「Mac People 2011年 01月号」

間もなく2010年が終わるということでばたばたした毎日を送っていますが、Mac Peopleの最新号は、すでに2011年!

B004C23HPW

※今月もレビュープラスさんから献本していただきました。いつもありがとうございます。

1月号ということで、巻頭特集が2つ、特集が3つ、そして特別付録小冊子が2冊というお年玉のような盛りだくさんな内容になっています。

まず面白かったというか、物欲が刺激されたのは1つめの巻頭特集の「MacBook Air 最適化&カスタマイズ講座」です。実際の使用感やパフォーマンスを具体的にまとめてくれているので、買った後のイメージがわいて、どんどん妄想が広がります(笑)。

物欲を刺激されるという意味では、特別付録小冊子の一冊の「iLife ’11+iTunes 10スターターブック」もそう。iLifeはなんとなく9のままで使ってしまっていますが、特にiPhotoの新しい機能を見ていると、「iLife 11」にバージョンアップしたくなります。

B00480PH4C

そして、息抜きに楽しめたのが特集3の「アップル起死回生の記録」。アップルの今までの製品を振り返った特集ですが、こうしてみると、どれも時代時代で大きなインパクトを残していますよね。

あとは、あまりMacのソフト情報を追いかけていないので(最近はWindowsもそうかな)、後半に載っている「オンラインウェアセレクション」はいつも参考になっています。

Macな人たちは今月のMac Peopleも見逃せないですよ!

「Mac People」2010年12月号でBack to the Mac!

いやぁ、ここ最近のAppleはすごいですね。

今や電車で使っている人を見るのも珍しくなくなったiPhoneやiPadといい、つい最近発表になったApple TVといい、どんどんと自分たちの生活の中に入り込んできているApple。

色々なものが一気に出てきて、物欲リストがどんどん増えていきます(笑)。

だいぶ前に、iPhoneで初めてAppleのことを知った人がApple Storeに行って「Appleってパソコンも出してるんだ~」と言った話を聞いたことがありますが、ここまで来ると、そうやって言われてしまうのもわからなくはないという感じ。

そういう中、Appleは「Back to the Mac」というスペシャルイベントを開催しました。

・ASCII.jp:Apple「Back to the Mac」スペシャルイベントレポート
http://ascii.jp/elem/000/000/563/563427/

・速報:アップル Back to the Mac イベント
http://japanese.engadget.com/2010/10/20/back-to-the-mac/

この「Back to the Mac」に込められた意味は、上で紹介したイベントレポートを読むとわかりますが、その意味を改めて新製品の紹介を通して理解するために、レビュープラスさんから献本していただいた今月のMac People 2010年 12月号」を読みました。

B0046C0OPO

詳しい雑誌の内容はMacPeopleのオフィシャルサイトを見ていただければと思いますが、特に巻頭特集1の「アップル革新プロダクト魅力丸わかりリポート」は参考になります。ここでは、Mac OS X Lionから新MacBook Air、そしてiLife 11が特集されています。

特にMac OS X Lionは、まさにiPhoneからiPadの良いところがMacに活かされることがよくわかります。

もちろん、Mac OS X Lionは気になるのは気になるのですが、今現在、何よりも気になるのは、やはりMacBook Airでしょう!(MacBook AirはMBAと略すんですね。Twitter上で最近よく見かけます)

とにかく欲しい!欲しい!

実物を見るとその場で買ってしまいそうなのでまだ見ていませんが、きっと近いうちに買うことになるでしょう。というか、欲しい!(笑)

その他にもTime Machineの詳しい使い方など、最新の話題から技術的な難しい話題や簡単な話題まで、Macの今を知るために役に立つ(そして物欲が刺激される)一冊です。

最後になってしまいましたが、今号でMacPeopleは15周年を迎えるとのこと。おめでとうございます!

表紙ではこの15年間の歴代のMacを見ることができますが、巻頭特集2の「社会史・アップルの歴史と一緒に振り返るMacPeople15年の軌跡」では、Macの歴史とともにMacPeopleの歴史も、「あー、これ、あった!」と思い出しながら振り返ることができます。

今後も、MacやAppleの進化に合わせて、Macに興味がある人のために、より良い雑誌として発行し続けていってください!

1 2 3 13