シンプルさが顧客に刺さる

medium_2234031789

世界で最初のビデオゲーム開発会社として知られるアタリ。若き日のスティーブ・ジョブズが社員であったことでも知られています。

medium_2234031789

その創業者で、初めての著書『Finding the Next Steve Jobs: How to Find, Keep and Nurture Creative Talent』を近々出版するノーラン・ブッシュネルによるインタビューの抜粋が載っています。テーマは遊び心があって、リスク許容度の高い組織を作ることについて。

One Crazy Idea | Inc.com

この抜粋だけでは物足りない感じもありますが、この記事自体、『Finding the Next Steve Jobs: How to Find, Keep and Nurture Creative Talent』のプロモーション的な位置づけでしょうか。しかし、この本、面白そう。

B00EORACOO

それはさておき、そのアタリにも籍を置いていたスティーブ・ジョブズも例に挙げながら、新製品開発においてシンプルさを追求することが大切だと説く、この記事が参考になります。顧客が商品を選ぶ際に大切なのはシンプルさだということを、さまざまな調査結果を元に説いています。

Less Choice, More Commitment: Customers Want Simplicity | Inc.com

アタリのゲームには説明書がついていなかったようですが、そういう会社で働いた経験が、1997年にスティーブ・ジョブズがCEOに復活した後の一連の取り組みにも現れているのかもしれませんね。

記事では、『シンプリシティの法則』のジョン・マエダのこんな言葉を引用しています。

Simplicity is about subtracting the obvious and adding the meaningful

この言葉からわかるように、「シンプルが良い」といっても、闇雲にいろいろなものを取り除けば良いわけではありません。では、どうすれば良いのか?ジョン・マエダが言うことに従い、何を削り、何を足せば良いのか。

この答えは「明快なコンセプト」だというのが、以前に紹介した『僕がアップルで学んだこと』についての記事の中でまとめたことです。

シンプルは組織から - 『僕がアップルで学んだこと』 (アップルのプロダクトマネジメントがわかる一冊)

明快なコンセプト」なしには、顧客のメリットをきちんと定義できないということがわかります。

絞ることは勇気がいります。何でも盛り込んでしまう「全部盛り」のようにした方が、どんな顧客にも対応できそうだと勘違いしてしまいそうになるのもわかります。

だからこそ、いきなり製品のスペックなどの話しに飛び込むのではなく、まずは顧客のメリットをきちんと定義できるようなコンセプトを時間をかけて考えることから始めましょう。シンプルは、そこから生まれます。

photo credit: kevin dooley via photopin cc

Chrome for iPhone/iPad

今さらという感じですが、改めてこれはいい!と思ったので、Chrome for iPhone/iPadについて。

Chrome for iPhone/iPad

ChromeのiOS版が出たと聞いて、その日のうちにさっそくiPhoneでダウンロードして使ってみたのですが、その時の感想は「まぁ、こんなものか」という感じ。たしかにSafariよりは速いかもしれないけど、完全に乗り換えるほどではないかなと思っていたのですが…。

iPad版を使ってみて、これは面白いアプリだと感じました!

iPadで使っていると、日本ではまだお目見えしていないChromebookを感じさせるようなアプリという気がします。

自分は初代のiPadだというのもあって、動きはそこまで軽快ではないですが、ブラウザだけでなんでもできる、というのが本当に実現できるようなアプリです。

すごいなぁと思うのは、Googleアカウント(Gmail)でログインをして、他のデバイスでも同期設定をしていると、メニューの「その他のデバイス」からiPad以外のデバイスの履歴を共有し、iPadでも確認できます。自分の場合は、いまiPadから確認すると、iMac、MacBook Air、そしてiPhoneで見ていた履歴が見られるという状況です。

自分のログがすべて残っていることを改めて認識できる「気持ち悪い」機能ではあるかもしれませんが、iMacの電源を落としてから「あ、そういえば、さっき開いてたページで確認し忘れが…」という場合も、iMacよりも起動が速いiPadでちゃちゃっと確認できるので便利です。

こうなってくると、日本でも速くChromebookが出ないかなぁと思ってしまいますね。セカンドマシンとして良さそうなんだけどなぁ。

[ad]

PocketとIFTTTと情報収集

最近はいろいろ思うところもあり、頻繁にブログを更新しています。

そんな日々の中、情報収集は(ブログを書かなくても)重要なのですが、今日はそのために
使っているツールのご紹介。このところツールネタ続きですが。

何よりも欠かせないのはタイトルにも入っているPocket。

Pocket (Formerly Read It Later)

元々、Read It Laterとして知られていたツールが名前だけでなく、デザインも大幅に
変更してPocketとなりました。自分はPocketのデザインの方が気に入ってます。

ブラウザは会社でも家でもFirefoxとChromeの二刀流(時々Safari)ですが、どちらも
アドオンがあって、それをインストールしておけば、あとで読みたいと思ったページを
保存してくれるというツールです。

あとで読むためのツールは他にもいろいろありますが、iPhone・iPadとの連携ができ、
Pocketに登録すると広告などがないスッキリした画面で読みやすくなるのが(前に書いた
Evernote Clearlyみたいな感じに)気に入って、これに落ち着きました。

Evernoteを使うという手もあるんですが、どうしてもiPhoneだと読み込みが遅くて
使いにくい。Evernoteの閲覧に特化しているViewEverというiPhoneアプリも
なかなかのものです。

ただ、自分のEvernoteの使い方として、必ずしもあとで読むためだけに情報を
貯めているわけではないので、ノートやタグで絞り込める機能があるので便利であるものの、
この目的には使っていません(他の目的で使う時はとても使える、良いアプリです)。

そんな試行錯誤を経て、いまはPocketに落ち着いています。特に、プリントアウトして
持ち歩いていたようなWeb上の少し長めの記事も、Pocketならそこまでストレスなく
読むことができます。

さらにトップに画像を載せたIFTTTを使って、Google Readerでスターマークを
付けたものは、自動的にPocketに送られるようにしているので、これも手放せません。
IFTTTをご存じない方は、この記事などが参考になります。今までサービス同士を
連携させるために、都度、いろんなアドオンなどを探していた人には必携のツールです。

【Webサービス】EvernoteからFBまで、なんでも自動取り込みできる『ifttt』が便利すぎる!! | 世界をぐるりとBusidea

という感じで、今は待ち時間などはiPhoneを取り出し、Pocketを開けば、いつか
読もうと思っていた記事がざくざく入っているので、いくらでも時間がつぶせます。

[ad]

1 2