ConcactPDFでばらばらのPDFをひとつに

仕事をしていると(って仕事じゃなくても良いのですが)、ばらばらのPDFをひとつにまとめたい時ってないでしょうか?

例えば、こういう感じでひとつの内容なのに、ばらばらとファイルが分かれていることは、しょっちゅうではないにせよ、時々あります。

地味ながら、そんな時に俄然威力を発揮するのがConcatPDFというアプリケーション。

・ConcatPDF
http://www.ujihara.jp/ConcatPDF/ja/

PDFの結合の他、

  • PDF の一部ページの抽出
  • PDF の暗号化
  • PDF の暗号化解除 (マスタパスワード必要)
  • PDF の表示法の設定

ということが簡単にできてしまうアプリケーションです。

CUI版とGUI版があり、CUIに慣れていない人でも、GUIを使えば、ドラッグ&ドロップで結合したいファイルをアプリに入れて、ボタンひとつで作業完了。

毎日使うようなものではないにせよ、いざという時に便利な覚えておいて損はないアプリケーションです。

iAntiVirus入れました

前々からMacのセキュリティ環境を整えねばと思っていたのですが、この記事を読んで、遅れ気味だった作業に一気に着手(遅すぎる…)。

・崩れゆく「Mac OS X安全神話」 (1/2) – ITmedia アンカーデスク
http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0908/14/news006.html

まずはアンチウイルスソフトということで、色々と迷った結果、iAntiVirusを入れました。

・iAntiVirus – Free AntiVirus for Mac
http://www.iantivirus.com/

ClamXavと、どちらにしようか迷ったのですが、結局、いくつかのblogの評判を見て、iAntiVirusの方が自分にとっては使いやすそうかなと思ったので、こっちに決定。

導入して、Quick Scanを試してみましたが、重いと感じることもなく、サクサクとスキャンが済みました。画面も見やすく、使いやすいです。

人によっては、iAntiVirusとClamXavを併用しているという人もいましたが、まずはiAntiVirusをこのまま使っていこうと思います。

メディアマーカー iPhoneアプリ

このblogでも何度か紹介しているメディアマーカーは、今となっては、なくてはならないというか、なくなっては困るWebサービスのひとつとなりました。

ジャーナリストの佐々木俊尚さんの新刊『仕事するのにオフィスはいらない』でも紹介されているようで、自分の他にも、なくてはならないツールだと感じている人が多いようです。

そのメディアマーカー、待望のiPhoneアプリが登場しました!

・クリックアシスト開発日記 – iPhoneアプリ リリース
http://blog.click-assist.com/archives/498

自分の場合は iPod touchなので「いつでも、どこでも」というわけにはいきませんが、これで家の中でソファーに寝っ転がりながらでも、メディアマーカーに登録した本を見返すことができます。

自分の場合、Myバインダー(stylishidea積読所)には気になったものを何でもかんでも突っ込んでいるため、どうしても後から見返すという作業が必要です。

もちろんパソコンの前でじっくりと見返すのも良いのですが、iPod touchで気楽にぱらぱらと見ることができるのは嬉しいです。身構えてないところから「おっ、こんな本もあったのか」という発見があるのが面白い(登録したことを忘れている自分の記憶力のなさは置いておいて…)。

手放せないアプリになりそうです。

1 2 3 13