バリュープロポジション・キャンバス本が発売!(ただし10月に…)

プロダクトマネジャーの役割

Linda GorchelsによるThe Product Manager’s Handbookの最新版(第4版)では、プロダクトマネジャーの役割をこの上に挙げたように上流と下流に分けて整理しています。(「上流」「下流」という呼び方に違和感があるかもしれませんが、ここはそのままで)

弊社でプロダクトマネジメントのサービスや公開セミナーをご提供していると、概ね、プロダクトマネジメントに関してご相談をいただく課題として、

  • 上流部分の顧客開発(製品開発)に関するところ
  • 下流部分のマーケティングに関するところ

に大きく分かれます。

これ以外でも、最近はプロダクトマネジメント組織にしていくためのご相談を受ける機会も出てきましたが、やはり多いのはここに挙げたふたつ。

このうち上流部分の顧客開発のところでは、想定する顧客にとってのベネフィットを知ることが重要になってきます。

そのためのツールとして知られているのが、バリュープロポジション・キャンバスです。

バリュープロポジション・キャンバスについては、その使い方について、かなり前にこのブログで前編の記事を書いたまま、いつまで経っても後編が登場しないという状況にありますが…。

バリュープロポジション・キャンバスの使い方(前編)

そうこうしているうちに、ビジネスモデル・ジェネレーションの著者らによる解説書が発売になるようです。その名も『Value Proposition Design: How to Create Products and Services Customers Want』というもの。

1118968050

これは楽しみですね!

発売予定日は2014/10/6と少し先ですが、今から出るのを楽しみに待つとしましょう。きっと翻訳ももう始まっているんでしょうね(せめて査読くらいは)。

プロダクトマネジメント本 新刊 “Aptitudes of an Energized Product Manager”

Aptitudes of an Energized Product Manager

最新セミナーのご案内
プロダクトマネジメントの実務に直結するセミナーを実施中。詳しくは公開セミナー案内をどうぞ。

メールマガジンのご案内
コンサルタントの現場経験から気付いたプロダクトマネジメントの話しなどを毎週2回お届けしています。

プロダクトマネジャーの教科書』の原著者であるLinda Gorchelsが新刊を出していました。現時点ではKindle版のみです。

タイトルは “Aptitudes of an Energized Product Manager“。「やる気にあふれるプロダクトマネジャーの適性」というところでしょうか(和書のタイトルを想像するとしたら、「やる気にあふれるプロダクトマネジャーになるために必要なこと」という感じ?)。

Amazonの内容紹介には、「これは how-to本ではない、why-to本だ」と書かれています。エンジニアや科学者などが初めてプロダクトマネジメントの分野に足を踏み入れる時に知っておきたいことをまとめた内容です。例えば、

  • なぜプロダクトマネジャーになることを考えるべきなのか?
  • 自分の適性がプロダクトマネジャーという職種に合っているのか?

といった why-to(といって2つめはwhyから始まっていませんが)の答えに相当するものが内容としてまとまっています。プロダクトマネジャーになろうとしている人はもちろん、プロダクトマネジャーを雇おう、育てようという人にも適している本なのだとか。

この本の特徴は、すべての章末に”Product Manager Aptitude Quiz”と呼ばれる設問がついていること。設問といっても、正解があるものではなく、各設問に対して5段階評価で自分の感触を答えるようなものになっており、まさに適性(aptitude)テストのような形式になっています。

まだザッと目を通しただけですが(関係ないですが、こういう「ザッと目を通す」というのは、紙の本の方が圧倒的にやりやすいですね)、なかなか参考になりそうな一冊です。

これも翻訳したいなぁ。Kindle本の翻訳って、どんな感じなんでしょうね?

プロダクトマネジャーの教科書
Linda Gorchels 新井 宏征

4798111929
翔泳社 2006-12-05
売り上げランキング : 155284

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ローンチ前にプロダクトマネジャーが考えておくべきこと

SpaceX CRS-1 Blastoff

最新セミナーのご案内
プロダクトマネジメントの実務に直結するセミナーを実施中。詳しくは公開セミナー案内をどうぞ。

メールマガジンのご案内
コンサルタントの現場経験から気付いたプロダクトマネジメントの話しなどを毎週2回お届けしています。

アメリカにはプロダクトマネジメントに特化したコンサルティング会社がありますが、そのうちの一社Blue Elephant Consultingのブログから。

What The #1 Thing A Product Manager Needs In Order To Launch A Product? (Every product manager job description should require knowledge of the product development definition to be on a product manager resume)

長めのタイトルですが、プロダクトローンチ、つまり製品を市場に投入する際にプロダクトマネジャーが考えておかなければならないもっとも大切なことという感じでしょうか。

答えが書かれているのはエントリーのずっと下の方で、この部分です。

So what’s the right way to go about doing a product launch? The secret is that when your firm decides that it wants to investigate creating a new product (or a new version of an existing product) and starts to create a product development definition, that is the day that planning for the product launch needs to start to happen.

In Blue Elephant’s $TOMP product management system, the very first few steps in the product management process have to do with collecting customer information that will eventually be used during the product launch.

要するに製品を開発し始める、あるいは製品の改良に着手するタイミングで、顧客のことをちゃんと知っておきましょうね、ということです。

これは言い換えれば「プロダクトマネジャーは顧客開発をきちんとやりましょう」ということです。

顧客開発とは、Steve Blank氏が『アントレプレナーの教科書』や『スタートアップ・マニュアル』などで言われている手法です。

一言で言えば、顧客が抱えている課題をきちんと見極めた上で、それに対応した解決策を見つける。その上で、その解決策を製品にして市場に投入するという考え方です。

この顧客開発モデルで最初に言われるのは「課題/解決フィット」と呼ばれる、顧客の課題とそれを解決するための解決策の組み合わせをきちんと見つけられるかどうか。この「課題/解決フィット」の組み合わせを見つけるために、社内であれやこれや考えるのではなく、オフィスの外に出て、顧客にインタビューをしながら、仮説検証をしていくことが重視されています。

少し前に出た『グロースハッカー』でも、

製品開発とマーケティングを完全に別のプロセスとして行う方法はもう古い。

と言い切ってあるように、製品を開発してから「さて、どうやって売っていこうか」と考える時代ではなくなりました。顧客の要望(課題)が多様化し、すでに解決策候補が市場にたくさん出回っている中で、少しでもプロダクトの成功確率を高めるために、開発を始める段階から顧客のことを意識していきましょう。

ちなみに株式会社スタイリッシュ・アイデアで実施する公開セミナー「プロダクトマネジメント基礎講座(05/21開催)」や「顧客理解から始める製品開発(6/10開催)」では、今回紹介した顧客開発モデルを取り上げます。

特に「顧客理解から始める製品開発(6/10開催)」では、丸1日かけて顧客開発モデルに関する内容を演習をとおして学んでいきます。

その他のセミナーも含め、ぜひご検討ください。

プロダクトマネジャー・シナリオプランナーのための公開セミナー | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

グロースハッカー
ライアン・ホリデイ 加藤恭輔
482224993X

photo credit: jurvetson via photopin cc

1 2 3 19