次のジョブズはどこに? – Finding the Next Steve Jobs

510PwGeNCaL._SL160_

今年の10月から翔泳社のコーナー:イノベーターの本棚の中で「イノベーションに効く洋書」という連載を持たせてもらっています。

これまで3回分の記事を書かせてもらいました。

おかげでイノベーション関連の洋書にたくさん目を通す(さすがにすべてをきっちり読むまではできていませんが)機会になりました。

そして年末のこのタイミングで第4回目の記事が掲載となりました。

ジョブズがアドバイスを求めた男の「クリエイティビティにあふれる社員を雇い育てる52のルール」(1/3):企業のIT・経営・ビジネスをつなぐ情報サイト EnterpriseZine (EZ)

今回取り上げたのは”Finding the Next Steve Jobs: How to Find, Hire, Keep and Nurture Creative Talent“です。

Nolan Bushnellといえばビデオゲーム会社Atariの創業者。Atari以外にもいくつもの先進的な企業を立ち上げ、スティーブ・ジョブズの良き相談相手でもあった彼が、ジョブズのようなクリエイティブな人材を雇い、育て、活躍してもらう方法について、自身の体験談を交えてまとめた本が、この”Finding the Next Steve Jobs: How to Find, Hire, Keep and Nurture Creative Talent“。

記事にも書いているように、52の「ポン」(「ポン」って何?という人は記事をどうぞ)をまとめている本で、ひとつひとつの「ポン」はどれも短く、読みやすいので、年末年始のお供にどうぞ!

この本に関するNolan Bushnellの動画もいくつか出回っていますね。例えば、こんなのも。

Finding the Next Steve Jobs: How to Find, Hire, Keep and Nurture Creative Talent
Nolan Bushnell Gene Stone
0988879514

これからの私たちに必要な頭の使い方 – 『世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業』

medium_3209636742

medium_3209636742

株式会社スタイリッシュ・アイデアでは毎週木曜日に発行しているメールマガジンのうち、メインのコンテンツである「アイデアノート」をバックナンバーとして、弊社Webに掲載しています。

アイデアノート

そこで紹介している先週号の内容では、『世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業』という本を題材にして書いてみました。

4534050909

アイデアノートでは、『世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業』で出てくる「未来から、より現実的なアクションを考える」という内容を元に、弊社で扱っているシナリオ・プラニングと組み合わせて、未来を見据える手法やその意義について簡単にまとめています。

アイデアノート007「クリティカルに未来を見る」(シナリオ・プランニング005)

実際の内容は上記のリンクを見ていただくのが良いとして、今回取り上げた『世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業』、とても良い本です。

一読して、これは「これからの未来のために私たちが身につけなくてはいけない頭の使い方」だなぁと思いました。

株式会社スタイリッシュ・アイデアでは、企業や個人が「未来を見据え」、自分の意見を持つということをできるように、シナリオ・プラニングやシステム思考などの手法を用いたり、それら自体をご紹介することに取り組んでいますが、その前提として、まさにこういう頭の使い方の基礎を身につけることは大切ですね。

ここで紹介されていることは、世で言うところの「クリティカル・シンキング」なわけですが、最近になって「ロジカルシンキング」の陰に隠れてしまっていそうな印象があるクリティカル・シンキングを、実際にどうやって使っていくのかについての具体的、入門的な指南書として、とても良い本だと思います。

著者の狩野みきさんのTEDxTokyoTeachersでのプレゼンも参考になります。

世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
狩野 みき
4534050909

photo credit: betta design via photopin cc

[ad]

「ついにジレンマは終わる!!スペシャルワークショップ」に参加しました

INNOSIGHT_seminar

昨日は「ついにジレンマは終わる!!スペシャルワークショップ」に参加してきました。

INNOSIGHT_seminar

このワークショップは、メディアとして翔泳社のビズジェネが協力し、イノベーション関連のコンサルティングを手がけるINDEE Japanが主催、そしてスピーカーはクリステンセン教授が設立したイノベーション・コンサルティングファームのInnosight社のパートナーであるKevin Bolen氏という顔ぶれでした。

16時から19時半までという長丁場の設定でしたが、始まってみるとあっという間に過ぎてしまった3時間半。内容はというと、基本的に『イノベーションへの解 実践編』の内容を中心に『イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル』の内容も盛り込んだものでしたが、要所要所で同じグループになった人たちと自分たちのケースに置き換えて「破壊的イノベーション」を考える機会があり、単にずっと講演を聞いているのに比べて、「自分たちのこと」として内容を受け取ることができました。

イノベーションへの解 実践編』は事例も豊富なので、読んでいるとついつい「わかった気」になってしまうのですが、いざ自分たちの事例に置き換えて考えてみると、話しはそう簡単ではないとか、今置かれている状況はそう楽観的に考えられるものではないといった感じで、なかなかリアルに体感できるので、とても有意義でした。

具体的な内容としては、

  1. 破壊的イノベーションの基本原則
  2. 長期計画の先の未来 〜どの位イノベーションを興す必要があるのか?
  3. イノベーション周辺に深層の組織能力を開発する
  4. 成功に向けて加速する 〜大企業内で新規事業を育てるには?

という4部構成で、わかりやすい資料とKevinのよどみないプレゼンによって流れるように時間が過ぎていきました。

特に3番目のアジェンダの既存の組織でイノベーションを興すための考え方の部分(『イノベーションへの解 実践編』の第四部の内容)は、具体的な考え方をベースに説明があり、とても参考になりました。実際に、この部分についての参加者からの質問も多く、既存の組織でイノベーションを興すことの難しさを改めて感じました。

セミナーの最後にINDEE Japanマネージングディレクターの津嶋さんからコメントがあったように、今回のワークショップ単体でも有益な時間でしたが、やはり単発で終わりというわけではなく、継続的に、そしてもっと突っ込んだ形でこのテーマに取り組んでいけるような仕組みがうまく回り出すと良いですね。自分としても改めて『イノベーションへの解 実践編』や関連する資料を読みつつ、「イノベーションを実際に興すこと」をご支援できるような仕組みを作っていきたいと思います。

事前の調整から当日の運営までとても大変なワークショップだったと思いますが、貴重な機会をありがとうございました!

イノベーションへの解 実践編 (Harvard business school press)
スコット・アンソニー マーク・ジョンソン ジョセフ・シンフィールド エリザベス・アルトマン クレイトン・クリステンセン 栗原 潔
4798116734

 

イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル (Harvard Business School Press)
クレイトン・クリステンセン ジェフリー・ダイアー ハル・グレガーセン 櫻井 祐子
4798124710

[ad]

1 2 3 4