質問から始めよう – 『しつもん上司術』

41rgqjM9tVL._SL160_

ここしばらく、このブログを「社長ブログ」としてしまったせいで、何をどういうスタンスで書けば良いか迷っていたのですが、所詮自分は自分。

今までどおり日々感じたことを感じたように書いていきたいと思います。少しは仕事っぽい話しが多めになると思いますが、それは仕事のことを考えるのが楽しくて、どうしてもそれを考える時間が多くなってしまっている証拠だということで。

まずは質問から

日々、コンサルティングや研修などでお客さまと接していると、「人を動かす」ということに苦労をしている現場をよく目にします。『人を動かす』というそのものずばりのタイトルの本もありますが、本当に身近な例としてこんなところから。

  • 会議で意思決定をする
  • プロジェクトメンバーにアドバイスをする
  • 部下に指導をする

そういう状況でなかなかうまくいかない、という現場に遭遇をすると、多くの場合、なんとかして自分の意見を通そうと必死になってしまっているんですよね。

きっと、そうやって行動をする前にいろいろと考えたのでしょう。自分の頭の中でシミュレーションもしたのかもしれません。ただ、残念ながら、思い描いたとおりにことが進むことはほとんどありません

だから準備が不要だと言っているのではありません。準備は必要です。ただし、準備をしたからといって必ずしもうまくいくものでもありません。

そういう場面に遭遇したとき「ああ、もっとこの人が質問をうまく使えたらなぁ」と思うことが増えてきました。

「質問」というと、いわゆる世の中で言われているビジネススキルと比べて、簡単で、あまり重要ではないような印象を受ける人が多いかもしれません。

しかし、プロダクトマネジメントでいろいろな部門から集まってきたメンバーに動いてもらうのも、シナリオプランニングのファシリテーションをやっていて「もうひとこえドライビング・フォースを出してほしい」と思う時も、そこで効果を発揮するのは質問する力です。

たくさんある質問本

改めて質問の大切さ、そしてそれを伝える必要性に気づいてから、人に説明をするために「質問」に関する本を集中的に読んでいます。さすがに質問に関する本だけ読むわけにはいかないのですが、年内くらいを目途になるべく多くの質問本に目を通そうとしているところです。

ひとくちに「質問本」といっても、『あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール』のような一般的なものから『すべては「前向き質問」でうまくいく』のように自分自身に目を向けるもの、営業向け『質問型営業で断られずにクロージング 営業は「質問」で決まる!』、コンサルノウハウ『コンサルタントの「質問力」』といった仕事術系、そしてイノベーションに関する『キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム』といったところまで、実に多彩です。

(できれば年明けには、そういう成果をまとめて「ビジネスを進めるための質問」みたいなテーマでセミナーコンテンツにできるといいなぁと)

そこで、そんな中からいくつかお薦めの本を、気づいた時にご紹介していきたいと思います。

『しつもん上司術』

今日の一冊は魔法の質問でも知られている松田充弘さんの『しつもん上司術

479910280X

質問本の切り口はいろいろとありますが、この本のように上司と部下という関係をはっきりさせてまとめているというのは面白いですね。

「部下が自分の指示をきちんと聞いてくれない…」と感じているのであれば、それは自分がきちんと指示をできていない可能性があります。

この本では、そもそも部下を成長させるためになぜ「しつもん」なのか?そもそも、質問にはどんな種類があって、部下にはどんなタイプがいるのか?というような原則を確認するようなところから始まり、後半では具体的なケースを取り上げ、その場合に適切な質問の例を紹介しています。そのケースの種類はと言うと…

・部下の仕事をサポートするための「しつもん」
・部下が仕事に対して消極的なときにする「しつもん」
・部下の問題行動を正したいときの「しつもん」
・部下のメンタルをサポートする「しつもん」
・部下の成長を後押しする「しつもん」

といった分類がされていて、全部で25のケースが紹介されています。

どのケースも具体的で、思わず「これは使ってみよう!」と思ってしまうものが多いです。

仕事の現場で「しつもん」を使う意味や意義から、具体的な質問の例までをまとめた一冊で、ボリュームも多くないのですぐに読み終えることができます。「しつもん」が気になるあなたの最初の一冊としていかがでしょうか?

ちなみに「質問」とこの本で言う「しつもん」は何が違うのか?この質問の答えもなかなか面白いですよ。

資料アップ「プロダクトとマネジメント〜自分事としてのプロダクトマネジメント」

130916_POStudyプロダクトとマネジメント_SlideShare.pdf(1_32ページ)

一ヶ月弱前になってしまいましたが、POStudy 2周年記念イベントで講演+ワークをやらせていただいた際の資料「プロダクトとマネジメント〜自分事としてのプロダクトマネジメント」をSlideShareにアップしました。

SlideShare、これまで便利に使っていましたが、アップするのは初めてで、まだ勝手が分かりきってない部分もあります…。

最初PDFでアップしたのですが、図形のところの文字が表示されないという状態に…。PDFでは表示されているのですが。そこで、パワポのファイル形式のままアップしたところ、今度はフォントがちょっといまいちな感じです。元の資料と比べて、しかもあくまで自分の感覚としてという感じですが。

こちらで使っているスライドのごく一部は、明日開催の「プロダクトマネジャー養成講座説明会」でも使いますが、明日はもう少し突っ込んだプロダクトマネジメントの話しになる予定です。

資料の内容は、自己紹介の部分を一部変更し、ワークの際に使ったスライドは削除していますが、だいたい全体の流れを理解できるくらいには残しています。

見ていただくとわかるように、「プロダクトとマネジメント」というタイトルで、プロダクトとマネジメントを分けてご紹介し、最後にプロダクトマネジメントについて確認をするという流れにしていますが、当日は「プロダクト」の解説と理解のためのワークにほとんどの時間を使いました。

ワークは翔泳社のビズジェネの「イノベーションに効く洋書01:“Ten Types of Innovation: The Discipline of Building Breakthroughs” 前編」でも紹介している『Ten Types of Innovation: The Discipline of Building Breakthroughs』の内容を使ったものと質問会議をやりました。

1118504240

質問会議については、『質問会議 なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?』や『実践 アクションラーニング入門―問題解決と組織学習がリーダーを育てる』が参考になるかと思います。

4569702899

4478374694

ただ、質問会議については、実際にやってみないとわからない部分も多く、台風の関係で残念ながら当日参加できなかった方からはやってみたかったという感想もいただきました。(どこかで株式会社スタイリッシュ・アイデアのセミナーとしてやってみても良いかとも思っているのですが、今のところ未定です…)

資料を見て質問などがありましたら、ご連絡ください。ご連絡は株式会社スタイリッシュ・アイデアWebサイトのお問い合わせからか、ソーシャルメディアでつながっている方はそちらからでも構いませんので、お気軽にどうぞ!

プロダクトマネジャー養成講座説明会(10/9)へのお誘い

ProdBOK

先日、「「The Guide to the Product Management and Marketing Body of Knowledge (ProdBOK)」が届いた」というエントリーでご紹介した通称ProdBOKですが、日本のAmazonでもステータスが「通常1~3週間以内に発送」に変わりました。そして、Kindle版も登場!

The Guide to the Product Management and Marketing Body of Knowledge (Prodbok Guide)
Greg Geracie Steven D. Eppinger
0984518509

また改めて書こうと思っていますが、先週は9/30から10/4までUniversity of OxfordのSaïd Business Schoolで開催されていたシナリオ・プラニングのプログラムに参加していました。

行きのフライトではシナリオ・プラニング関連の資料を読んでいきましたが、帰りのフライトでは主にこのProdBOKを。しかし、サイズが大きいのでKindle版が出るといいなぁと思いながらのフライトでした。もう少し早く気づいていれば…。

そして、弊社 株式会社スタイリッシュ・アイデアのWebサイトや「Stylish Ideaニューズレター」でもご紹介してきましたが、今週の9日(水)に「プロダクトマネジャー養成講座」の無料説明会を開催します。

プロダクトマネジャー養成講座説明会(10/9 19:00〜)

「プロダクトマネジャー」と職務の名称にしてしまうと、自分には関係ないと思う人もいるかと思います。

ただし、企業において自分がそういう肩書きを与えられているかどうかにかかわらず、自社のリソースを使って、顧客が何らかのメリットを享受するような仕組みにかかわっているという人は、ぜひとも知っておくべき考え方です。

そうはいっても「プロダクトマネジャー」、あるいは「プロダクトマネジメント」のイメージがわかないという方もいるかと思いますので、今後、一緒にプロダクトマネジメント関連でご一緒させていただく好川さんのコラムもあわせてご覧ください。

PMstyleプロデュース: 【プロダクトマネジャー養成講座】<コラム>いま、なぜ、プロダクトマネジメントなのか

9日、皆さんのお越しをお待ちしています!

プロダクトマネジャー養成講座説明会(10/9 19:00〜)

1 2 3 4 5 19