プロダクトマネジメント本 新刊 “Aptitudes of an Energized Product Manager”

Aptitudes of an Energized Product Manager

最新セミナーのご案内
プロダクトマネジメントの実務に直結するセミナーを実施中。詳しくは公開セミナー案内をどうぞ。

メールマガジンのご案内
コンサルタントの現場経験から気付いたプロダクトマネジメントの話しなどを毎週2回お届けしています。

プロダクトマネジャーの教科書』の原著者であるLinda Gorchelsが新刊を出していました。現時点ではKindle版のみです。

タイトルは “Aptitudes of an Energized Product Manager“。「やる気にあふれるプロダクトマネジャーの適性」というところでしょうか(和書のタイトルを想像するとしたら、「やる気にあふれるプロダクトマネジャーになるために必要なこと」という感じ?)。

Amazonの内容紹介には、「これは how-to本ではない、why-to本だ」と書かれています。エンジニアや科学者などが初めてプロダクトマネジメントの分野に足を踏み入れる時に知っておきたいことをまとめた内容です。例えば、

  • なぜプロダクトマネジャーになることを考えるべきなのか?
  • 自分の適性がプロダクトマネジャーという職種に合っているのか?

といった why-to(といって2つめはwhyから始まっていませんが)の答えに相当するものが内容としてまとまっています。プロダクトマネジャーになろうとしている人はもちろん、プロダクトマネジャーを雇おう、育てようという人にも適している本なのだとか。

この本の特徴は、すべての章末に”Product Manager Aptitude Quiz”と呼ばれる設問がついていること。設問といっても、正解があるものではなく、各設問に対して5段階評価で自分の感触を答えるようなものになっており、まさに適性(aptitude)テストのような形式になっています。

まだザッと目を通しただけですが(関係ないですが、こういう「ザッと目を通す」というのは、紙の本の方が圧倒的にやりやすいですね)、なかなか参考になりそうな一冊です。

これも翻訳したいなぁ。Kindle本の翻訳って、どんな感じなんでしょうね?

プロダクトマネジャーの教科書
Linda Gorchels 新井 宏征

4798111929
翔泳社 2006-12-05
売り上げランキング : 155284

Amazonで詳しく見る by G-Tools

資料アップ「プロダクトとマネジメント〜自分事としてのプロダクトマネジメント」

130916_POStudyプロダクトとマネジメント_SlideShare.pdf(1_32ページ)

一ヶ月弱前になってしまいましたが、POStudy 2周年記念イベントで講演+ワークをやらせていただいた際の資料「プロダクトとマネジメント〜自分事としてのプロダクトマネジメント」をSlideShareにアップしました。

SlideShare、これまで便利に使っていましたが、アップするのは初めてで、まだ勝手が分かりきってない部分もあります…。

最初PDFでアップしたのですが、図形のところの文字が表示されないという状態に…。PDFでは表示されているのですが。そこで、パワポのファイル形式のままアップしたところ、今度はフォントがちょっといまいちな感じです。元の資料と比べて、しかもあくまで自分の感覚としてという感じですが。

こちらで使っているスライドのごく一部は、明日開催の「プロダクトマネジャー養成講座説明会」でも使いますが、明日はもう少し突っ込んだプロダクトマネジメントの話しになる予定です。

資料の内容は、自己紹介の部分を一部変更し、ワークの際に使ったスライドは削除していますが、だいたい全体の流れを理解できるくらいには残しています。

見ていただくとわかるように、「プロダクトとマネジメント」というタイトルで、プロダクトとマネジメントを分けてご紹介し、最後にプロダクトマネジメントについて確認をするという流れにしていますが、当日は「プロダクト」の解説と理解のためのワークにほとんどの時間を使いました。

ワークは翔泳社のビズジェネの「イノベーションに効く洋書01:“Ten Types of Innovation: The Discipline of Building Breakthroughs” 前編」でも紹介している『Ten Types of Innovation: The Discipline of Building Breakthroughs』の内容を使ったものと質問会議をやりました。

1118504240

質問会議については、『質問会議 なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?』や『実践 アクションラーニング入門―問題解決と組織学習がリーダーを育てる』が参考になるかと思います。

4569702899

4478374694

ただ、質問会議については、実際にやってみないとわからない部分も多く、台風の関係で残念ながら当日参加できなかった方からはやってみたかったという感想もいただきました。(どこかで株式会社スタイリッシュ・アイデアのセミナーとしてやってみても良いかとも思っているのですが、今のところ未定です…)

資料を見て質問などがありましたら、ご連絡ください。ご連絡は株式会社スタイリッシュ・アイデアWebサイトのお問い合わせからか、ソーシャルメディアでつながっている方はそちらからでも構いませんので、お気軽にどうぞ!

海外におけるプロダクトマネジメントに関する団体

medium_2311309574

今日は昨日の「バリュープロポジション・キャンバスの使い方(前編)」の続きを書こうとも思ったのですが、それは少し後回しにして、ややマニアックですが、タイトルに書いてあるプロダクトマネジメントに関する団体のお話しを。

medium_2311309574

団体というよりも、協会という方が良いんでしょうか。例えば、プロジェクトマネジメントについて詳しく知りたいと思った時には、PMI (Project Management Institute)という協会やその日本支部のPMI日本支部だったり、あるいは日本では日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)という団体があり、手始めにそういったところから情報を探していくというのがあるかもしれません。

そして、例えばPMIならプロジェクトマネジメントマネジメントの知識体系を整理したA Guide to the Project Management Body of Knowledge: PMBOK Guideがあり、それをベースとした資格として先日合格したPMPというものがあります。

1935589679

つまり、

  1. 協会
  2. 知識体系
  3. 資格

がセットになっているということです。

この3つの観点からプロダクトマネジメントの状況を見てみましょう。

1. 協会

自分が今知っている限りでは、有名どころが2つあります。AIPMMPDMAです。

どちらも米国に本拠地を置く団体で、残念ながらプロジェクトマネジメントのPMIのように日本支部のような存在はありません。特にAIPMMは米国中心に活動しているようで、あまり支部の話しなんかは見かけません。

一方、PDMAには支部のような存在(International Affiliatesと呼ばれています)が世界10ヶ国以上にあります。リンクを見るとわかるように、アジアでは中国やインドネシア、韓国、シンガポールが支部になっていますが、日本はありません。

PDMA – Product Development and Management Association : Community : International Affiliates

2. 知識体系

AIPMMは、数年前からProduct Management and Marketing Body of Knowledge、略してProdBOK(プロドボックと発音するんでしょうか…?)なるものの編纂に取り組んでいるという話しはちらほら目にしていたのですが、最近になってようやく形になってきたようです。

AIPMMのサイトを見ると、このProdBOKのリリースに関するWebinarが9月に行われるようです。

Release of The Guide to the Product Management and Marketing Body of Knowledge (ProdBOK®)

Webinarのアナウンスが流れていたので、AIPMMのTwitterアカウントに「どこで手に入るのか?」と質問したところ、AIPMMの中の人のHector Del Castillo (hmdelcastillo)さんからこんなお返事をもらえました(Twitterの画面をうまく埋め込めなかったので画面キャプチャで)。

Twitter___hmdelcastillo___stylishidea_the__AIPMM_Guide_...-2

このツイートの画面からもわかるように、Amazon.comではなく、Amazon.co.ukでは買えるようですね。別のツイートでも「ヨーロッパでは買えるよ」とわざわざ書いていましたので、アメリカではまだなんですね。なぜだろう…。

ちなみにAmazon.co.jpで検索してみるとちゃんと出てくるのですが、予約受付中というステータスになっていて、発売日が 2014/8/12 になっています。

The Guide to the Product Management and Marketing Body of Knowledge (ProdBOK)
0984518509

なぜだかよくわかりません。仕方ないので、UK経由で買うことにしたいと思います。

AIPMMの方が長くなってしまいましたが、PDMAの方はこれまでにPDMA Booksという感じで何冊か本を出しているようなのですが、見たところ『The PDMA Handbook of New Product Development』が知識体系のような役割をしていそうです。これは日本のAmazonでも買えます。

0470648201

3. 資格

資格はどちらの協会でも提供しています。AIPMMの資格は、現在、次の4つがあります。

  • Certified Product Manager
  • Certified Product Marketing Manager
  • Certified Innovation Leader
  • Agile Certified Product Manager

だいぶ前はProduct ManagerとProduct Marketing Managerしかありませんでしたが、自分の記憶が正しければ(最近、相当アヤシイですが…)、しばらくしてAgile Certified Product Managerが加わり、その後Certified Innovation Leaderが加わりました。

試験の準備のために知識体系をまとめた本は今の時点ではないので、Resources Books for Certificationsというところを見ると、以前に私が翻訳した『プロダクトマネジャーの教科書』をはじめとして、何冊かの本が紹介されています。

このうち『The Product Manager’s Desk Reference』などは私も持っていますが、「デスクレファレンス」と書かれているだけあって、なかなかにデカい本で最初に届いた時は驚きました。

0071591346

一方、PDMAの方はNPDP Certificationというものを提供しています。NPDPとはNew Product Development Professionalの略で、その名の通り新製品開発により重点を置いた試験になっているようです。

この試験のためにもNPDP Study Guideというブックガイドが紹介されていて、先ほどの『The PDMA Handbook of New Product Development』に加え、ロバート・クーパーの『Winning at New Products: Creating Value Through Innovation』などが紹介されています。

ということで、ひたすらマニアックなことをまとめてきましたが、米国でのプロダクトマネジメントの団体とその差をまとめてみました。どちらの団体がより影響力が強いのかというようなところまではわかりませんが、いずれにせよ、これらの団体が牽引役となってプロダクトマネジャーの育成が進められているんですね。

photo credit: jonas_k via photopin cc

1 2 3