PocketとIFTTTと情報収集

最近はいろいろ思うところもあり、頻繁にブログを更新しています。

そんな日々の中、情報収集は(ブログを書かなくても)重要なのですが、今日はそのために
使っているツールのご紹介。このところツールネタ続きですが。

何よりも欠かせないのはタイトルにも入っているPocket。

Pocket (Formerly Read It Later)

元々、Read It Laterとして知られていたツールが名前だけでなく、デザインも大幅に
変更してPocketとなりました。自分はPocketのデザインの方が気に入ってます。

ブラウザは会社でも家でもFirefoxとChromeの二刀流(時々Safari)ですが、どちらも
アドオンがあって、それをインストールしておけば、あとで読みたいと思ったページを
保存してくれるというツールです。

あとで読むためのツールは他にもいろいろありますが、iPhone・iPadとの連携ができ、
Pocketに登録すると広告などがないスッキリした画面で読みやすくなるのが(前に書いた
Evernote Clearlyみたいな感じに)気に入って、これに落ち着きました。

Evernoteを使うという手もあるんですが、どうしてもiPhoneだと読み込みが遅くて
使いにくい。Evernoteの閲覧に特化しているViewEverというiPhoneアプリも
なかなかのものです。

ただ、自分のEvernoteの使い方として、必ずしもあとで読むためだけに情報を
貯めているわけではないので、ノートやタグで絞り込める機能があるので便利であるものの、
この目的には使っていません(他の目的で使う時はとても使える、良いアプリです)。

そんな試行錯誤を経て、いまはPocketに落ち着いています。特に、プリントアウトして
持ち歩いていたようなWeb上の少し長めの記事も、Pocketならそこまでストレスなく
読むことができます。

さらにトップに画像を載せたIFTTTを使って、Google Readerでスターマークを
付けたものは、自動的にPocketに送られるようにしているので、これも手放せません。
IFTTTをご存じない方は、この記事などが参考になります。今までサービス同士を
連携させるために、都度、いろんなアドオンなどを探していた人には必携のツールです。

【Webサービス】EvernoteからFBまで、なんでも自動取り込みできる『ifttt』が便利すぎる!! | 世界をぐるりとBusidea

という感じで、今は待ち時間などはiPhoneを取り出し、Pocketを開けば、いつか
読もうと思っていた記事がざくざく入っているので、いくらでも時間がつぶせます。

[ad]

調子が悪い時のポモドーロテクニック

調子が良い時は、集中して、休憩なしでも平気で作業を続けることができます。

一方、どうしても集中できないという日もあるでしょう。何をやっても、
つい他のことが気になってしまい、なかなか集中できない。

「今日は調子が悪いから、明日から本気出す!」

で済めばいいのですが、特に仕事では、なかなかそうはできません。

そんな時、最近は「ポモドーロテクニック」のお世話になっています。

自分も詳しく調べたわけではないのですが、ポモドーロテクニックとは、
25分をひとつの区切りとして作業を進めていくもの。25分作業をしたら、
必ず5分間の休憩を取ることになっています。

ポモドーロテクニックとは – はてなキーワード

最近は、そのリズムを作るためにこんなアプリにお世話になったり。

たしかに調子が悪い時はこのやり方は悪くありません。このblogでも紹介した
小さなチーム、大きな仕事』の中でも、大きなものを小さくし、自分が
コントロールできる単位で少しずつ進めていくことが薦められていました。

ただ、このやり方、最初に書いたような調子が良い時は、かえって「25分」
という区切りが短すぎて、タイマーを止めたりする度に、逆に集中力が
落ちてしまうという本末転倒な状況になってしまいます。

この手の手法は、たしかに使い続けないと身につかないものですが、一方で、
何が何でもこの方法でやるという柔軟性がない状況では、かえって生産性を
落としてしまうという逆効果になってしまうことも。

忙しくなればなるほど、こういう手法が気になる人もいると思いますが(自分も…)、
手法はあくまで手法で、それが直接仕事をこなしてくれるわけではありません。

なので、この手のものは、適当につまみ食いするくらいがちょうど良いんじゃ
ないかと思って、はまりすぎないように使っています。

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門
4048689525
[ad]

Make a DENT! -『小さなチーム、大きな仕事』

517UypMcdYL._AA300_

「小さかったら高く飛べ」はスパッド・ウェブですが、小さいチームだって大きな仕事ができるぜ!というのが、今回読んだ『小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則』。

415209267X

とはいえ、「大きな仕事」って何?

実は、原書のタイトルはReworkで、「大きな仕事」を表す言葉は入っていない。

本書を読んでいくと MAKE A DENT IN THE Universe! という挿絵があり「ささやかにでも世界に貢献しよう!」という訳がついている。この言葉がとても気に入った。

世界を変えたい。

そう思う人はたくさんいるだろうし、自分もそんなことを言っていたことがある。

でも、まさにこの本の「あなたの見積もりは最悪だ」の部分に書かれているように、大きなものを小さな、自分がコントロールできるものに分解し、「小さな決断」をし続けることの方が、確実に一歩でも二歩でも、前に進めるはず。

本書は、大きな野望を持っている人にも、何かをやりたいとは思っているけど「現実には」そんなの自分には無理だと思っている人にも、どちらにも役に立つ。

全編を通して頷きまくり、これから何度も読み返すだろうことを思って、Kindle版で原書を買ってしまったほど。

今日明日の実用を求めるならば、「ダメージ・コントロール」の章。どんなに気をつけていてもソーシャル上で炎上を起こしてしまうことはあるだろうし、そこまでいかなくても、ちょっとしたトラブルを抱えることはある。

それが小さな企業だった場合、下手をすると、その一度の出来事だけで仕事が吹っ飛んでしまうことだってあるかもしれない。そんな時の心構えとか、対処法を知るのに、この「ダメージ・コントロール」の章は最適。

読んだ後と言わず、読んでいる途中から、すぐに動きだしたくなってしまう本。オススメです。

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則
415209267X

1 2 3 30