Home » 雑誌 » 「デザインの現場」02月号

「デザインの現場」02月号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月号の「デザインの現場」は「デザインを読む!ブックガイド300」という特集。これは面白い。

designgenba200602.jpg

特集の主な内容は「本でたどるデザインヒストリー」「はじめに揃えたい必読の書」「デザイナーを読み解く!」「デザインの幅を広げるこの6冊」という感じ。

「本でたどるデザインヒストリー」は、簡単なデザイン史の勉強にもなって面白い。「はじめに揃えたい必読の書」は理論・思想・プロダクト・タイポグラフィ・印刷・素材/加工・色彩というテーマに分けて紹介されている。まずは、ここから手に取ってみるのもいいかも。「デザイナーを読み解く!」の部分は、自分は知らないデザイナーが多かったので、最後の方に載っていた必読書BEST30あたりから入るのが良いかも。それか『ニッポンのデザイナー100人』あたりから読み始めようか。

一番面白いと感じたのは最後の「デザインの幅を広げるこの6冊」という特集。デザインと様々な視点を組み合わせた選書で、デザインと社会、デザインと政治、デザインと教育、デザインとジェンダーなど、面白い視点がそろっている。その中でもデザインと心理学の部分では、『アフォーダンス』の著者佐々木正人氏の著書や、ギブソンの著書、ノーマンの著書などが紹介されていた。今の自分の興味に一番近い部分だ。

いやぁ、また積ん読本が増えそうだ…。

2 thoughts on “「デザインの現場」02月号

  1. 新井さん、ご無沙汰してます。
    相変わらずお忙しそうですね。

    ひょんなことからシステムがらみの仕事に巻き込まれてしまいました。
    一度いろいろご教示ください。
    東京に戻った時にでもお会いしたいものです。

    ところで、「アフォーダンス」面白そうですね。今度読んでみます。

  2. ぶっくさん、お久しぶりです。

    >ひょんなことからシステムがらみの仕事に巻き込まれてしまいました。

    そうですか。最近のぶっくさんの読書傾向を見ていると、そういう感じですね。お役に立てるかどうかはあやしいですが、ぜひ東京にいらっしゃる時はご連絡ください。自分も予定を合わせます。

    『アフォーダンス』は、物事のとらえ方の新しい視点を手に入れた感じがします。まだ理解は仕切っていないので、これからも色々と関連本を読んでいこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>