Home » 雑誌 » 「GOETHE」2008年 08月号

「GOETHE」2008年 08月号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GOETHE」の08月号を読みました。

GOETHE (ゲーテ) 2008年 08月号 [雑誌]

既に書店では最新の09月号が並んでいますが、前に買った08月号に改めて目を通しました。

08月号の特集は「ヘッドハントされる人、されない人」。ここら辺の話は、GOETHEに限らず硬軟いろいろな雑誌で取り上げられていますが、今回わざわざ読み直したのは、現在スクウェア・エニックスのコーポレート・エグゼクティブである宮脇さんが載っていたから。

宮脇さんは、実は前職の時にバイスプレジデントとして人事を担当されていた方で、最終面接をしていただいた方なのでした。入社してからも、驚くほど人の名前や話したことを覚えている人で、トップになる人の一面を見た気がしました。好みは分かれる方かもしれませんが、自分はとても良い印象を持っている方です。

そんなつながりから、勝手に親近感を持って、そして自分の将来なども考えながら、特集を読みました。

特集では「ヘッドハントの対象者とは、どんな人なのだろうか?8社目に移ったばかりの”スーパービジネスパーソン”がいた!」ということで、4ページに渡って紹介されていました。

自分の勝手な想いばかりを書いていても、読んでいる方はつまらないかもしれないので、印象に残ったセリフをいくつか載せておきます。

どんな分野でも、どんな仕事でもいい。机と椅子を用意してもらえば、カバンひとつ持って、その日から期待されるパフォーマンスを出す。だから、これだけの給料を出す。そう言ってもらえる存在になりたいと。逆にいえば、このレベルでなければ、食べていくことはできないと思いました

動くか、動かないかの判断の基準は、仕事が今以上にエキサイティングなものかどうかは当然で、さらに、その仕事を一緒に担う経営トップの人に、心が動くかどうかでした

(外の世界は厳しいという話のあとで)でも、だからこそ磨かれるともいえます。厳しい競争にさらされることで、これまでに経験したことがなかったような刺激的な体験や成長ができる

できると思う人は挑むべきです。やればできるというのは、やらないのと同じ。自身があるなら、やってみないと。

GOETHE (ゲーテ) 2008年 08月号 [雑誌]

B001ASWEP0

関連商品
GOETHE (ゲーテ) 2008年 09月号 [雑誌]
OCEANS (オーシャンズ) 2008年 09月号 [雑誌]
uomo (ウオモ) 2008年 08月号 [雑誌]
LEON (レオン) 2008年 08月号 [雑誌]
BRIO (ブリオ) 2008年 08月号 [雑誌]
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>