Home » 覚書 » ヒヤリ地図

ヒヤリ地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常的に使う検索サイトはGoogleほとんど。とはいえ、他のサイトもよく使う。Google以外で気に入っているのはgoo。ポータルサイトとしてのコンテンツも結構好み。その中でも頻繁に見にいくのが、gooの辞書のページだ。

・国語辞典 英和辞典 和英辞典 – goo 辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/index.html

このページ、単に意味を調べるページとして使うにはもったいない。気に入っているのが、頻繁に更新される「話題の言葉」なのだ。例えば、3/15現在の話題の言葉の一部を挙げてみると「公共貸与権」「ショルダーハッキング」「チャリンカー」「ポイズンピル」など。語義を見ると納得してしまうものも多く、なかなか勉強になる。

これら今回の「話題の言葉」の中でも面白かったのが「ヒヤリ地図」だ。ヒヤリ地図の意味はこんな感じ。

交通安全上,危険と思われる場所や,住民が実際に危険を感じた場所などを図示した(白)地図。場所と共に,危険の理由・対処法・改善案なども記される。近年,全国各地の地方自治体や学校などで,作成活動が行われている。ヒヤリ(ひやり)マップ。

こんなの知らなかったなぁと思って検索してみると、かなりたくさんヒットして驚く。

ヒヤリとする場所はもちろん、行き止まりなのについつい進入しちゃう道(うちの近くにあるんですよ)など、土地勘がないと気づかないような場所はたくさんある。網羅までは無理だとしても、そういう場所を示してくれるヒヤリ地図はかなり重宝する気がする。

ヒヤリ地図で検索してヒットしたページをざっと見ると、せっかく作った地図を公民館に貼って終わりというようなところも多い。せっかく税金を払っているんだから、無駄に道路に「歩行者用」なんて書いたりするんじゃなく(うちの近くでやってるんですよ)、配布用のヒヤリ地図を作って各家庭に配布して欲しい。もちろんネットでも公開して、こまめに更新して欲しい。

一気に話が変わりますが、ネットで公開している地図といえば、バカ日本地図バカ世界地図なんてのもありましたねぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>