Home » 覚書 » 南相馬世界会議

南相馬世界会議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年が明け、仕事も始まり、2012年の目標でもきっちりと書きたいところですが、手が回っていません。

自分の話をする前に、ぜひご紹介したいイベントがあるので投稿。

仕事でスマートグリッド関連のことを扱い、いろいろな方とご一緒させて頂いていますが、その中のおひとり、石丸さんが昨年から取り組んでいらした「南相馬世界会議2012」のサイトなどが公開されているのでご紹介。

・南相馬世界会議 | つづけるための時間を、人類の記憶としてゆくものであり、世界に発信し続けてゆくものです。
http://www.minamisoma-fukushima.jp/

「南相馬世界会議2012実行委員会」は、市民、および市民研究団体と、国内外の研究者とが直接対話をする会議の開催します。本年度は、震災と原発災害最初の一年として、市民による除染研究団体と、第一線の研究者による報告、パネルディスカッションで構成され、市民との対話がおこなわれます。この場所が伝承する「野馬追」の文化の存続と新たな場所経済を拓くディレクションを明らかにするものであり、この11ヶ月に起こった事実と放射線と放射性物質の除染・計測・洗浄・遮断など技術への取組みを報告、発表します。この内容は全世界へむけてUstream配信されます。当日のご取材も受け付けておりますので、詳しくはプレスリリースをご参照下さい。

Twitterアカウントもあります。

・南相馬世界会議2012 (minamisoma_wc) on Twitter
http://twitter.com/#!/minamisoma_wc

開催は今年の2月11日。詳しくは上の引用部分にもあるように、プレスリリースをご覧ください。

・「南相馬世界会議2012」開催に関するプレスリリースを配信します | 南相馬世界会議
http://www.minamisoma-fukushima.jp/?p=44

詳しいプログラム内容などもプレスリリースに載っていますが、下記のYouTubeでの動画でも話題になった東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦氏も参加されるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>