Home » 覚書 » From the Gmail Team

From the Gmail Team

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Gmail Teamから”Gmail Update and Invitation”というメールが届きました。

「ん?スパムか?」と思ったのですが、冒頭に”Thanks for signing up to be updated on the latest Gmail happenings.”と書いてあるのを見て思い出しました。ちょうどGmailのβ版の話題が出始めた頃、GoogleのGmailのページに行くと「Gmailは今は招待された人しか使えないけど、今後、Gmailについての情報を欲しい人はアドレス教えてね」と書いてあったので、アドレスを登録していたのでした。(その後、会社の知り合いの方に招待して頂き、既に使ってしまっているのですが)

最近になって、Gmailの招待できる人の数が50に増えて、これはもしや?と思っていたら、「グーグル、まもなく「Gmail」の本格提供を開始か」という記事も出ていましたが、本当だったんですね。

Gmailのサイトから誰でも彼でも登録できるようには、まだなっていないようですが、それぞれの人が50人も招待できるのであれば、ほぼ誰でも登録できるのと同じですね。招待できる人が50人になってから、友人をひとり招待したのですが、数日後にはまた招待できる人が50人に戻っていました。

Gmailは、今や自分のメインのセカンドアドレス(変な日本語)として活躍しています。主要なアドレスは、全部Gmail宛に転送するようにしていますし、すぐに返事をする必要があるものは、Gmailから返事をする場合も多いです。

日本語の対応が若干不満なところですが、この記事によると日本語化も考えてくれているようですし、Gmail Teamから来たメールの最後には”We’ve got lots of cool new stuff planned and we can’t wait for you to see our work in your Gmail accounts! Stay tuned…”と書いてあったので、期待して待ちますか。

最後にひとつ。Gmail絡みでは、情報考学 Passion For The Futureの「スパムがこないメールアドレス表示方法」中で見つけた、Gmail Signature Generatorが面白かったです。

・Gmail Signature Generator :: Playtime
http://playtime.uni.cc/gmail.php

gmail3.jpg

こんな感じで自分のアドレスを画像で表示することができ、勝手にアドレスを収集されるのを防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>