Home » 覚書 » Yahoo!ブログ、wiki、そして無料

Yahoo!ブログ、wiki、そして無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陳腐なせりふだけれど、あっという間に1月が終わってしまった。今年も既に12分の1が過ぎてしまった。あっという間に感じるほど、相変わらず暇がない毎日。こんな時代にあって、仕事で散々忙しいというのはアリガタイコトデス。

そんなわけで、blogの更新も昼休みなんかに拾ったニュースからのネタが多くなるようなことがあってもご容赦頂きたい。気づいたら過去日付のエントリーが更新されてるなんて怪現象は今や日常茶飯事。先日、たまたま本社で打ち合わせがあって、久々に同僚と話しをした時に「今年は面白いエントリーが増えた」と言ってもらった矢先にこんなエントリーはかたじけない限り。

というわけで、2/1のニュース記事をいくつか取り出してぽつぽつとコメント。

まず「やっぱり出たか」というのがYahoo!のブログ。

・ヤフー、RSS配信に対応した「Yahoo!ブログ」のベータ版を提供開始 – CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20080379,00.htm

ついにというか、やっとというのは、人それぞれだろうけど、Yahoo!がブログサービスを開始した。そのまんまYahoo!ブログというサービス。思いっきり目新しい機能はあまりない。Yahoo!アバター(これはライブドアでもやってるか)とwiki文法が使えるところあたりか。wiki文法が使えるというところにはちょっと反応したけど、特に差別化になるわけではないだろう。

昔、Yahoo! JAPANのマーケティング部長が「Yahoo! JAPANの“総合力”を生かしたブログのあり方というのが存在する」と言い放っていた。「よく知っている人はブログが単なる日記ではないとわかっているが、一般的には簡単に日記を付けられるサービスとして見られている。実際、そういう位置付けでサービスを提供しているところも多い。しかし、そうではないのではないか? 日記ではないブログでは、Yahoo! JAPANでなければ実現できない部分がかなりあるだろう。」とも。まぁ、まだβ版。これからの発展に期待。

wiki文法という話しがYahoo!ブログで出ていたけど、wikiつながりではCNET Japanに面白いインタビューがあった。

・ニュースをオープンソース化せよ–Wikiの挑戦 – CNET Japan
http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000050154,20080258,00.htm

Wikipediaは最近になって多くの人の知るところとなった感じはあるけど、これらのプロジェクトを統括しているWikimedia Foundationは多くの有益な活動をやっている。このインタビューにも出てきた、Wikinewsの他、WikibooksWikiquoteWiktionaryなど、素晴らしいプロジェクトがたくさんある。(それぞれ日本語版もある)

Wikimediaのトップに”Wikimedia relies on public donations to meet its goal of providing free knowledge to every person in the world.“と載っているが、「すべての人にフリーな知識を」というノリがいい。自分もいろんな形で貢献してみたくなってきた。

フリーな知識という表現が出てきたが、世の中には「これを無料でやってくれるのか!?」というサービスを、本当に無料でやってくれる人がいる。例えば、

・ドライブデータ、大容量データ送信ソリューションの無償提供を発表 – Venture Now
http://www.venturenow.tv/news/05/vn20050201-01d.html

・ビジネスユーザーの心を捉える無料電話ソフト – CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000047668,20080339,00.htm

2つめはskype関連の記事。1つめはデータ便・セキュリティ便 というサービスで、100MB大容量ファイルを無料転送・送信してくれるというサービス。ブロードバンドと言いながら、やはり大きなファイルの送受信には神経質になってしまう。こういうサービスはいいな。

もちろん何でも無料であるに越したことはないけど、これならお金を払って欲しいというサービスももちろんある。ニュースの元ネタは失念してしまったが、ニューズウォッチというサービスはなかなか充実してそうだ。

・ビジネス情報 ニューズウォッチ
http://www.newswatch.co.jp/

サービスとしては珍しいものではないけど、試してみたくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>