Home » 音楽 » 「He Is Christmas」

「He Is Christmas」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今日はクリスマス・イブ。

クリスマスに限らず聴きたい、でもやっぱりクリスマスだからこそ聴きたいのはTAKE6の「He Is Christmas」ですね。

take6.jpg

このアルバムは、狙ったわけではないんですが、以前に紹介したTack&Patti小林靖宏と同じく、高校生の時に出会って聴き込んでいたものです。

昔からずっと音楽をやってきて、特に高校生くらいから数ある楽器の中でも「声」の魅力にはまって、それからずっと歌は続けてる。「声」の魅力にはまったきっかけは色々あるんだけど、TAKE6のこのアルバムがその中のひとつであることは間違いないですね。

クリスマスソングという、曲自体が持つ雰囲気もさることながら、それを存分に引き出している彼らのハーモニーには感涙。とてもじゃないけど、自分はこんな域までは達することはできないかもしれませんが、人間の声が持つ可能性と素晴らしさを再認識できる一枚です。

ちなみにTAKE6のオフィシャルサイトは情報満載でいいです。(音が出るのでご注意を) 特に、こういう歌をやっている人はなかなかスコアがないのが悩みかもしれませんが、オフィシャルサイトには一部の曲のスコアがAcrobat形式で置いてあります。インタビューやライブの様子なんかもダウンロードできるので、好きな方にはオススメですね。

素敵なクリスマスを…

One thought on “「He Is Christmas」

  1. 論文執筆で缶詰状態の毎日ですが,気分だけでもクリスマスに浸りたいと思い,お勧めのこのアルバムを聴いてみました!
    といっても,CDを買いに走るほどの余裕もないので,ここは著作権という概念が根付いていないお国(!)のサイトを利用して(!!)全曲を聴いてしまいました。いい意味で期待が裏切られる曲の解釈で,とても良かったですね~。しばし,疲れを忘れました。それでは,遅ればせながらメリークリスマス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>