Home » 音楽 » 「Klavierraum」

「Klavierraum」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今日はやや疲れ気味なので、そんな感じの時に最近よく聴いてるアルバムの紹介。

その名も「Klavierraum」というアルバム。

B001AS6JM4

これを買ったオンラインショップ「雨と休日」の解説によると、Henning Schmiedtとはこんな人。

ドイツ人ピアニスト、ヘニング・シュミットは、ジャズの他クラシックや民族音楽の分野でも活動する多才な人物。ピアノの陰にほんのわずかな電子音を加えるなど、このアルバムでもそのジャンルレスな才能を垣間見せています。その旋律は即興的でありながらも常に美的センスに溢れたもの。後半にいくに従ってメロディアスになっていきます。

頭が回転していて、なかなかクールダウンしない時は、5曲目の「110g Butter」という曲から聴き始めてます。なんとなく、なんですけどね。

前に紹介した「Solo Piano」が、考え事モードに入っていくときのアルバムだとしたら、この「Klavierraum」はそこから抜け出してくるときに聴いているアルバムですね。

Klavierraum
ヘニング・シュミテッド Henning Schmiedt

Klavierraum
auguries liv Corduroy Road The Malady of Elegance Now the Day Is Over
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>