Home » 音楽 » 「The best of Tuck and Patti」

「The best of Tuck and Patti」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまには音楽の話を書いてみよう。

最近、忙しさにかまけて、きちんと音楽を聴いてないなぁとも思っていたので、またきちんと音楽と向き合うきっかけにもなればと思って。

そんなことを思いつつ、帰宅中にじっくりと聴いてきたのはTuck and Pattiの「ベストコレクション」だ。

tuckandpatti.jpg

初めてTuck and Pattiを聴いたのは高校生の頃。放課後に音楽室のでっかいスピーカーで、このアルバムにも入っているDreamを聴いたのが初体験。あんなにガツンと心に響いてくる音楽は久々だった。とにかくPattiの迫力あるボーカルに圧倒された。

それ以来、彼らが日本に来た時は、できる限りライブに行くようにしている。一番印象的なのは、去年のBLUE NOTE TOKYOのライブ。ステージのすぐそばで、彼らの音楽を堪能できたのは本当に幸せだった。

Pattiの歌う姿を見ていると本当に歌が好きなんだなぁと思う。Time after timeの時に、客も含めた全員で歌ったのは最高だった。そして圧巻なのはやっぱりTuckのギター。「本当にギター一本でやってるの?」と疑って当然の超絶プレイを目の当たりにして、ただただ唖然。

それ以上に、常にPattiを気遣うように、慎重に冷静にプレイするTuckの姿が印象的だった。Pattiは本当にのびのびと歌っていたけど、あれは完全にTuckを信頼しているからこそできる技なんだろうなぁ。

GONTITIという天才的なデュオが誕生したのは、友人の紹介で松村さんの部屋を三上さんが尋ねて、何気なくやった1曲がきっかけになったというのは有名な話。新しいアルバムの「Gontiti Recommends Gontiti」のライナーノーツには、松村さんがその日を振り返って「興奮して寝られなかった」と書いている。

運命の人なんていうと大袈裟な響きがあるけど、世の中には本当にそういう人がいるんだよなぁと思いをはせながら、2人の音楽に耳を傾ける夜でした。

追記
リンクをはったついでにBLUE NOTE TOKYOのサイトを見たら、行きたいのが多い。特にTAKE6とPat Methenyはいいなぁ。

3 thoughts on “「The best of Tuck and Patti」

  1. Patmetheney は、いっぺんいきました。きわめて良かったです。(ブルーノートだったかなぁ。。覚えてない) Take6もいいですねぇ。ブルーノートだと、いいだろうなぁ。。

    本当に、コンサート代は高いので困りものです。

    昨日知人に、Eric Claptonのコンサートに誘われたんですが、パスしてしまった。忙しいとはいえちょっと残念。多分とっても良い席だったのに違いない(涙)

  2. これ読んだら、Patmetheney、マジで行きたくなりました。

    でもお金ないなぁ…。確かに高いですよね。同じ値段払っても
    ブルーノートは満足度高いんですけどね。ちょうど良い位に
    狭いので、どこに座っても良い席で、かなり満足です。

    ああ、お金ないなぁ。

  3. 今度、Tuck & Pattiさんのライブが山梨県の八ヶ岳でやるみたいです。
    けっこう大きめなジャズイベントみたいで、
    他にもいろんな人が出演するみたいです。
    このライブに参加してTuck & Pattiさんを盛り上げましょう!

    参考までに紹介されているサイトのURLを乗せておきます。
    http://www.izumigo.co.jp/jazz/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>