Home » iPad » iPhone » シナリオプランニング » 考え事 » 未来の自分のために日記をつける – Day One

未来の自分のために日記をつける – Day One

diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年が始まると、誰でも新しいことに挑戦したくなります。

日記はおすすめ

その中のひとつに(きっと毎年)挙がるのが「日記をつける」こと。

最近文章を参考にするために読んでいる荒川洋治氏の『日記をつける』には日記は「書く」のではなくて「つける」ものだとして、こんなことを書いています。

「書く」は、書いた文字がそのときだけそこにあればいいという、どちらかというとそういうものであるのに対し、「つける」は、しるしをつける、しみをつける、がそうであるように、あとあとまで残す感じがある。いつまでも残るように記すこと。これが「つける」なのだと思う。だから日記は「つける」のだ。

4006021798

日記は自分にとってお気に入りのテーマのひとつで、過去のブログを「日記」というキーワードで検索しても、いろいろと出てきます。例えば、こんなの。

自分自身を振り返るためのきっかけになる一冊 −『仕事日記をつけよう』
『日記の魔力』

自分自身も去年から高橋書店 3年卓上ニューダイアリー(これの2013年版)を使っていて、この1月から2周目(2年目)に入りました。

1年目は途切れ途切れでつけていない日もありましたが、2周目に入って、去年の今頃の日記を読み返すとこれが本当に面白い。そうなると俄然、日記をつけるモチベーションが高まります。

以前に紹介した「質問から始めよう – 『しつもん上司術』」の「成長を加速させたいとき」という項目の中で、こんなことが書かれていました。

 部下の成長をサポートするには、先の目標を見据えるだけでなく、ときに振り返るしつもんも効果があります。
 人は無意識でいると、なかなか現在の自分に満足するということができません。しかし、自らの成長に気づくと、自信につながり、やる気も出てきます。
 そのために私が使うのは、次のしつもんです。
 「1年前と比べると、どんな成長があった?

日記をつけていれば、ひとりでこの質問に答えることができます。昨日食べた食事も忘れるようなわれわれは(え、一緒にするな?!)、1年前のことなんてうろ覚えもいいところ。そんな時に日記をつけていると、たった数行でも鮮明にそのときのことを思い出すことができます。

つまり、日記とは「未来の自分のためにつける」ものと考えても良いのかも。

とはいえ続かない…

そうはいっても忙しくて続けられないという人も多いはず。

そういう人は、気合いを入れてきちんとした日記帳を買ってきてテンションを上げるというのもひとつの手ですが、やはり気軽に始められて、つけ続けられる仕組みを考える方が得策です。

そんな人にオススメしているのがiOSアプリの「Day One」というアプリ。

去年から使っているアプリですが、TwitterやFacebookに投稿するような感覚で気軽に日記をつけられるのがこのアプリの良いところ。

日本語もきちんと入力できて、表示も美しい。できればその日に撮った写真と一緒に記録すると、とてもきれいなので、あとから読み返したくなる気持ちが強まります。

先ほど紹介した『日記をつける』では「天気もつける」ことが紹介されていますが、このアプリを使えば、その日の天気はもちろん気温、そして日記を書いた場所まで自動で記録してくれるので、細かいところまで気を払わなくても、詳しい情報が記録されるのが良いところ。

詳しい機能の紹介などはオフィシャルページをどうぞ。

Day One | A simple Journal for iPhone, iPad and Mac App Store

iOS版以外ではMacOS版のDay Oneもありますので、Appleユーザはこれを機にiPhone/iPad、そしてMacでの日記環境を整備してみてはいかがでしょうか?

photo credit: Audringje via photopin cc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>