Home » Apple » iPad » iPhone » サービス » 仕事 » PocketとIFTTTと情報収集

PocketとIFTTTと情報収集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はいろいろ思うところもあり、頻繁にブログを更新しています。

そんな日々の中、情報収集は(ブログを書かなくても)重要なのですが、今日はそのために
使っているツールのご紹介。このところツールネタ続きですが。

何よりも欠かせないのはタイトルにも入っているPocket。

Pocket (Formerly Read It Later)

元々、Read It Laterとして知られていたツールが名前だけでなく、デザインも大幅に
変更してPocketとなりました。自分はPocketのデザインの方が気に入ってます。

ブラウザは会社でも家でもFirefoxとChromeの二刀流(時々Safari)ですが、どちらも
アドオンがあって、それをインストールしておけば、あとで読みたいと思ったページを
保存してくれるというツールです。

あとで読むためのツールは他にもいろいろありますが、iPhone・iPadとの連携ができ、
Pocketに登録すると広告などがないスッキリした画面で読みやすくなるのが(前に書いた
Evernote Clearlyみたいな感じに)気に入って、これに落ち着きました。

Evernoteを使うという手もあるんですが、どうしてもiPhoneだと読み込みが遅くて
使いにくい。Evernoteの閲覧に特化しているViewEverというiPhoneアプリも
なかなかのものです。

ただ、自分のEvernoteの使い方として、必ずしもあとで読むためだけに情報を
貯めているわけではないので、ノートやタグで絞り込める機能があるので便利であるものの、
この目的には使っていません(他の目的で使う時はとても使える、良いアプリです)。

そんな試行錯誤を経て、いまはPocketに落ち着いています。特に、プリントアウトして
持ち歩いていたようなWeb上の少し長めの記事も、Pocketならそこまでストレスなく
読むことができます。

さらにトップに画像を載せたIFTTTを使って、Google Readerでスターマークを
付けたものは、自動的にPocketに送られるようにしているので、これも手放せません。
IFTTTをご存じない方は、この記事などが参考になります。今までサービス同士を
連携させるために、都度、いろんなアドオンなどを探していた人には必携のツールです。

【Webサービス】EvernoteからFBまで、なんでも自動取り込みできる『ifttt』が便利すぎる!! | 世界をぐるりとBusidea

という感じで、今は待ち時間などはiPhoneを取り出し、Pocketを開けば、いつか
読もうと思っていた記事がざくざく入っているので、いくらでも時間がつぶせます。

[ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>