Home » 情報技術 » インターネット ラジ録

インターネット ラジ録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またまた新しいものネタ。自分の場合、ストレスと物欲は正比例の関係にあるので、そういう時期だと思って下さい。買っても使う時間ないだろうと思いつつ、いろいろ見てしまうのです。

昔にどっかで書いた記憶があるけど、頻繁に見るサイトの中に日経プレスリリースがある。

・日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/index.cfm

ちょうどPRのことについてざっくり調べた時に見つけたサイトで、それから良く見るようにしている。日経プレスリリースとVenture NOWNews2u.netあたりをこまめにチェックしていると、動きの速い企業はしょっちゅう名前が出てくるので面白い。

そこで今日見つけたのは、最近別にひいきしているわけじゃないけど、良く名前を出してしまってるライブドアが「インターネット ラジ録」なるソフトを出した。

・ライブドア、音楽活用ソフト「インターネット ラジ録」を発売
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=91275&lindID=1

まぁいろいろとありそうなソフトではあるけど、とはいえ、たとえば語学学習なんかにインターネットラジオを有効活用するためにはなかなか良いソフトなんじゃないですかね。既に500局のインターネットラジオ局がプリセットされているというのが魅力のような気もするけど、ちょっと割高な感じもしますね。きちんと探すと、機能だけで言えば同じようなことができるソフトはありそうな気もする。今度きちんと探してみようかな。

ちょっと話しはそれるけど、インターネットのおかげで、外国語学習には本当に恵まれた環境になりましたね。某社のリスニング教材なんかは、それが出た当時は生の英語のインタビューなり、スピーチなりが手に入るということで好評を博したけど、今やそんなのはネットにつなげばいくらでも手に入る。自分は、その某社のリスニングの通信講座で、初めてApple社のSteve Jobsを聴いて大いに感動して「これは良い買い物をした!」と思ったものだけど、今や誰でも簡単に彼のスピーチを聴くことができる。しかも映像付きで。

・Apple – QuickTime – Macworld San Francisco 2005 Expo Keynote
http://www.apple.com/quicktime/qtv/mwsf05/

本当に贅沢な時代になりましたね。同時に、こうなってくると、益々学習者本人の努力に焦点が絞られてくるんですね。「なかなか良い教材がないから」という言い訳はできなくなった。いろいろと良いツールもあることだし、英語も仕事の勉強も頑張りましょう。しかし、たまにはゆっくりしたいですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>