Home » Mac » 考え事 » 雑誌 » 「MacPeople 2010年 02月号」と雑誌というメディア

「MacPeople 2010年 02月号」と雑誌というメディア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacPeople 2010年 02月号」を読みました。

B002ZO7QSS

以前に「twitterという痛快な交差点:『ツイッター140文字が世界を変える』で準グラ! 」でも紹介したレビュープラスさんから献本して頂きました。

今月号の詳しい内容はここから↓

・MacPeople 2010年2月号(12月26日発売) – MacPeople Web
http://macpeople.jp/2009/12/macpeople_201021226.html

この中でも特に面白かったのは特集1の「今日からメールのマエストロ」と中綴じ特別付録の「MacPeopleベーシック「プレビュー」」でした(巻頭特集で新しいiMacが欲しくなったのは言わずもがなですが)。

特集1のメール特集は、Mail、Thunderbird、そしてGmailを使いこなすという特集。

Macにしてから、一応、Thunderbirdは入れていて、Mailは横目で見ていたものの、基本的に普段のメールはほぼGmailに移行していました。ThunderbirdはメインのアドレスとML用のアドレスを設定していて、たまにバックアップのため(Gmailがメインで、念のためThunderbirdでローカルにバックアップという逆パターン)受信するために開くくらいでした。

しかし、これを読んで思わずMailでアカウントを設定して、使い始めちゃいました!うーん、やっぱりMac純正のソフトは、なんか使っていて楽しいですよね。

使い込んでいないので、しっくりまでは来ていませんし、これからもGmailがメインで使い続けるので、Mailをメインで使うことはありませんが、たまに気晴らしで使ってみることにします。

そして、もうひとつ参考になったのが「プレビュー」の使い方を紹介していた中綴じ。

いやぁ、プレビューってこんなにすごいツールだったとは。今まで「PDFのビューアー?」みたいな感覚しかなかったのですが、ブックマークできたり、画像の補整までできるとは!

「おー、こんなことできるんだ!」の連続でしたが、例えば、iPhoneを接続している時に「ファイル」から「○のiPhoneから読み込む」(自分の場合は「イメージを読み込む」でした)を選択すると、iPhoneから画像を読み込めます。

今までiPhoto使ってましたが、blogに載せるくらいだったら、これでいいかもしれませんね。

その他も、別冊の「マックのひみつ」など、読んでいて楽しい記事が多い2010年2月号でした。

雑誌というメディア
さて、ここからはちょっと関係ありそうで、関係なさそうな雑談。

去年からMacを使い出しましたが、それを機に、久々にパソコン雑誌を定期的に買って読むようになりました。Windowsだけ使ってた時は、せいぜい立ち読みだったのに。

なんでかなーと思って考えていたんですが、Macって「パソコン」というよりは、「趣味の世界」なんですよね。少なくとも自分にとっては。

何かを好きになった時に、その分野の雑誌って、ある意味登竜門的な存在だと思うんですよね。

雑誌って「入門書以上、専門書未満」という感じの存在で、入門者向けの記事は別として、なかなか入門者、初心者では雑誌ってハードルが高い存在です。

でも、その分、濃い情報が詰まっている媒体でもあるのが雑誌の特徴。特集はもちろん、後ろの方に載っているコラムなんかは、本当にその分野が好きじゃないと、読んでもピンと来ないというか、興味がわかないようなものが多いですよね。

正直なところ、今月号のMac Peopleに載っている新製品レビューとか、ソフトウェアの話は、ネット上のニュースサイトでも同じような記事は読めるかもしれませんし、検索をすれば類似の情報は得られると思います。

昔は、雑誌に求められているものは、書籍という存在に対しての「速報性」だったのかもしれませんが、今となっては、それはネットにかないません。

そういう変化を象徴するように、2009年は10月までに170誌が休刊しています。

じゃあ、雑誌はいらないのかというと、自分としては、書籍でもネットでも出せないような、ある種「マニア」な世界を共有できるのが、雑誌という媒体の価値なんじゃないかなと思っています(きっと、それは物理的な存在として「ある」というのが大きい理由の気もしますが、考えがまとまってないので、深入りはしないようにします)。

そんなことをMacにスイッチしてから読み始めたMac Peopleを読みながら考えていたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>