Home » サービス » 川の防災情報

川の防災情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は一日すごい天気でしたね。

東京は雷が鳴り、雨も強い勢いで降っていました。久々に警報を見た気がします。

これだけ集中的に雨が降ると、思い出すのが横浜の実家の前にある川。昔から台風の時は、一気に水位が上がり、自分が幼稚園生の頃は、もう溢れる寸前にまでなったのを覚えています。今では、区が川底を深くする工事をやったりして、少しは状況は良くなっているみたいですが、それでもやはりこれだけ一気に雨が降ると心配です。

当然、自分が小さい頃は、実際に川を見て、どこまで水が上がってきているかを確かめていたりしていたのですが、今は国土交通省がこんな情報を提供しています。

・国土交通省 【川の防災情報】
http://www.river.go.jp/

トップページを見ると、

この情報は、無人観測所から送られてくるデータを観測後直ちにお知らせする目的で作られています。 そのため、観測機器の故障や通信異常等による異常値がそのまま表示されてしまう可能性があります。利用の際にはご注意下さい。

と書かれているように、「絶対」ということはありませんが、夜に雨風が強い中、危険を冒してまで川を見に行くよりはずっと良い情報源です。ページのタイトルには載っていませんが、トップページの画像を見ると「リアルタイム 川の防災情報」と書かれていて、最新の情報を見ることができます。

左側のメニューから「テレメータ」をクリックすると、全国地図から各地の観測所の情報を見ることができます。例えば、こんな感じ。

river.JPG
(クリックで大きくなります。念のために書いておくと、自分の実家も今の家も、田園調布なんかではありません…)

データだけでなく、ビジュアルで情報を伝えてくれるので、難しいことがわからなくてもパッと理解することができますね。

自然災害だけでなく、いろいろな場面で自分たちの生活には危険やそれに類するものがつきまとっています。

その手のものを完全に排除することは難しいかもしれませんが、このように情報を常に提供することで、大きな被害に至る前に対応することができる可能性がありますね。

もちろん、まだまだある程度のITリテラシーがないと情報を得ることができないものが多いですが、このような情報がどんどん提供され、今以上に利用しやすくなると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>