Home » サービス » 日記 » 超短期ビジネス留学

超短期ビジネス留学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは「学生の時にやっておけば良かったなぁ」ってことはありませんか?

自分はたくさんあるんですが、どれかひとつ挙げろと言われれば「留学」と答えます。

大学で外国語をずっと勉強しておきながら、結局、生まれて初めて海外に行ったのは大学院の頃。しかも留学ではなく、10日ほどの一人旅。結局、在学中に海外に行ったのはそれだけでした。

それまで行動を起こさなかったのは「行けなかったから」ではなく「行きたいとは思わなかったから」なんですね。海外が特別なものだと思っていなかったのか、ただのへそ曲がりだったのか。

環境のせいではなく、自分で選んだことなので、後悔というわけではないんですが、今の自分が当時の自分にアドバイスできるなら「とりあえず、あまり深く考えずに一度は行ってみたら?」と言うかもしれませんね。確信はないんですが、20代中頃になって初めて行くのと、20になったばかりで行くのと、感じたものも違っただろうなと。

そんなことを思っている自分ですが、今日の日経産業新聞に「流行ウオッチング」で面白い記事を見つけました。その名も「超短期ビジネス留学」というもの。

(前略)会社を辞めずにきちんとした留学はできる。留学を考えていながら、かなわなかった人たちが再挑戦する道として、超短期ビジネス留学という選択肢がある。
 ハーバードビジネススクールやコロンビア大学などの名門校は、世界中の忙しいビジネスパーソンのために、1泊2日~1週間のビジネスコースを開催している。

例えば1週間コースの場合は、費用は全て込みで100万円程度だそうです。

1週間という短い期間ではあるものの、トピックが絞り込まれた様々なコースがあるため、「何となくMBAっぽいことを勉強してきた」という感じにはならなそうです。

さらに、超短期ではあるものの、通常の学位を取得した学生と同じように卒業生クラブのメンバーになれるようです。

じわじわと認知度も上がってきて、最近では数年おきに超短期留学をするリピーターも増えてきているようです。

その記事に載っていたのは、「エグゼクティブ留学」というサイト。

・エグゼクティブ留学.com 〜トップページ〜
http://www.executive-ryugaku.com/index.html

夏休みや、転職などの合間でできた時間に思い切って行くというのもありでしょうか。

こんなのを見つけつつ、きっと行かないような気がしますが(笑)、年齢や環境であきらめてしまっていることを実現させてあげるビジネスって、他にもたくさんありそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>