Home » Smart Grid » 『スマートグリッドの国際標準と最新動向2012』

『スマートグリッドの国際標準と最新動向2012』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらでの宣伝が遅れてしまいましたが、先月末に『スマートグリッドの国際標準と最新動向2012』が発売になりました。

SmartGrids2012

今回はインプレスR&Dのインターネットメディア総合研究所が発行する「スマートグリッドシリーズ」の第10弾という記念すべき一冊。シリーズの第1弾からかかわり、10冊中6冊にかかわらせていただいているので、感慨深いものがあります。

標準化関連という意味では、2009年12月に出たシリーズ第1弾『日米欧のスマートグリッド政策と標準化動向2010』でそれまでの状況を整理し、その後、まさに身を削ってNISTとIECの標準化動向をこれでもかというくらいに解説した2011年2月出版の『世界のスマートグリッド政策と標準化動向2011』に続いて、バージョン3となる標準化解説本です。

今回は第1章で「スマートグリッドに関するNISTの最新版「リリース2.0」の全体像=CoSの役割が急浮上=」として米国の現状についてまとめている他は、一緒に名を連ねるのも畏れ多い皆さんとの共著となっています。詳しい内容はこちらから。

・日本初、最新のNISTリリース2.0に対応した決定版! 『スマートグリッドの国際標準と最新動向2012』を 3月23日に発売
http://www.impressrd.jp/news/120322/SmartGrid2012

ここで「日本初、最新のNISTリリース2.0に対応した」とありますが、この部分を自分が担当させていただいています。

この部分はNISTが取り組んでいるスマートグリッドの標準化動向を、NISTが公開している”NIST Framework and Roadmap for Smart Grid Interoperability Standards”という資料の、執筆当時の最新版だったリリース2.0ドラフト版を元に、NIST Smart Grid Collaboration Wikiでの細かいアップデート情報をあわせて書いているものです。

2月の中頃に自分の原稿は書き終わり、あとは校正をするのみと思っていたところ、なんとシンガポール出張中の2/28にリリース2.0の正式版がリリースされてしまったのでした。

・NIST Releases Final Smart Grid ‘Framework 2.0′ Document
http://www.nist.gov/smartgrid/framework-022812.cfm

当然、「出ちゃいましたねぇ、アハハハ」で許してくれる編集者様ではなく、電話で「新井さん、時間がないですが、最新版に目を通していただき、必要な部分をアップデートしていただけますか」とのこと。与えられた時間は3日(笑)。いえ、愚痴ではなく、いつも鍛えていただき感謝です。

幸い、びっくりするほど別モノになっているわけではなく、ドラフト版からのマイナーアップデートで、かつWikiの情報もチェックしていたので、アップデートされた情報もまったく知らないものというわけではなく、無事に間に合わせることができました。

書籍ではなく報告書なので、お高い本となっていますが、他の著者の方の章も含めて濃い内容になっていますので、ぜひご検討ください。参考までに各章のタイトルを最後に載せておきます。

明日は、直接自分がかかわったわけではないですが、スマートグリッドシリーズから生まれたお役立ちの1冊『スマートハウス&スマートグリッド用語事典』をご紹介します。

スマートハウス&スマートグリッド用語事典
インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所
4844331507

第1章 スマートグリッドに関するNISTの最新版「リリース2.0」の全体像=CoSの役割が急浮上=
第2章 スマートグリッドに関するIEEEにおける標準化動向=ビジョンプロジェクトの設立から主要な関連標準まで=
第3章 IETFのスマートグリッド向けネットワークの標準化動向=加速するIoTへの流れ=
第4章 ITU-Tにおけるスマートグリッドの標準化と策定されたG.hn/G.hnem規格
第5章 IECのスマートグリッドへの基本戦略

[ad]

One thought on “『スマートグリッドの国際標準と最新動向2012』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>