Home » Twitter » » 『つぶやき進化論』

『つぶやき進化論』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! (East Press Business)』を読みました。

4781604315

レビュープラスさんから献本(実際には先行レビューとしてPDFで)いただきました。感謝!

まずは、この本を読んで知った動画をどうぞ。

この動画の主人公であるMattと一緒に踊っている人はみんな楽しそうですね。特に、子どもは、どこの国の子どももみんな心から楽しんでいるという感じがしていいですね。

この動画は、最後の方にあまり目立たなく出てくる「ストライド」というチューインガムのメーカーであるキャデバリー(と翻訳では表記されていますが、日本語では「キャドバリー」という表記の方がなじみがありますね。クロレッツなどのメーカーです)社が旅費の援助をしたものだと紹介されています。

見てわかるように、Mattがガムをわざとらしく噛んでいたり、「ストライド」のロゴやブランドカラーにちなんだTシャツを着ているわけでもありません(ちなみに、こんなロゴ)。

こうやって、さりげなくではあるものの、ソーシャルメディアが持っているバイラル性を活かして、キャドバリー社はブランド価値を向上させたと紹介されています。

本書では、このキャドバリー社の事例のように、さまざまなソーシャルメディアが社会や企業、そして個人にもたらす変化をさまざまな事例を用いて解説しています。

タイトルには「つぶやき」とあるものの、Twitterに限らず、FacebookやLinkedInも紹介されています。

豊富な事例が載っているため、具体的にどういうことをすれば成功(あるいは失敗)するのかがよくわかります。オバマ大統領のソーシャルメディア活用は有名ですが、個人的には、企業におけるソーシャルメディアの対処事例として、コカ・コーラ・ライト+メントスの成功事例(第3章)とスクラビュロス(第7章)の失敗事例の差は(直接比べられているわけではありませんが)面白かったです。

たくさんの事例を紹介した後は、もっと一般化して整理してほしかったとも思いますが(ある程度は各章の最後でまとめられています)、以前に読んだ『ツイッターノミクス TwitterNomics』などと同様、ソーシャルメディアの今がわかる一冊です。

つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! (East Press Business)
エリック クォルマン 竹村 詠美

4781604315

関連商品
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
ソーシャルストリーム・ビジネス Twitter、Facebook、iPhone時代の消費者を巻き込むビジネスの新ルール
ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階
~Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男~ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)
ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)
by G-Tools

One thought on “『つぶやき進化論』

  1. はじめまして!黒瀧と申します。
    Twitterの本を探しておりましたらこちらのブログにたどり着きました。
    他の書評ブロガーとは視点が異なり、とても興味深く記事を拝見しました。
    参考になりました。ありがとうございます!
    またブログにお邪魔しますね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>