ローンチ前にプロダクトマネジャーが考えておくべきこと

SpaceX CRS-1 Blastoff

最新セミナーのご案内
プロダクトマネジメントの実務に直結するセミナーを実施中。詳しくは公開セミナー案内をどうぞ。

メールマガジンのご案内
コンサルタントの現場経験から気付いたプロダクトマネジメントの話しなどを毎週2回お届けしています。

アメリカにはプロダクトマネジメントに特化したコンサルティング会社がありますが、そのうちの一社Blue Elephant Consultingのブログから。

What The #1 Thing A Product Manager Needs In Order To Launch A Product? (Every product manager job description should require knowledge of the product development definition to be on a product manager resume)

長めのタイトルですが、プロダクトローンチ、つまり製品を市場に投入する際にプロダクトマネジャーが考えておかなければならないもっとも大切なことという感じでしょうか。

答えが書かれているのはエントリーのずっと下の方で、この部分です。

So what’s the right way to go about doing a product launch? The secret is that when your firm decides that it wants to investigate creating a new product (or a new version of an existing product) and starts to create a product development definition, that is the day that planning for the product launch needs to start to happen.

In Blue Elephant’s $TOMP product management system, the very first few steps in the product management process have to do with collecting customer information that will eventually be used during the product launch.

要するに製品を開発し始める、あるいは製品の改良に着手するタイミングで、顧客のことをちゃんと知っておきましょうね、ということです。

これは言い換えれば「プロダクトマネジャーは顧客開発をきちんとやりましょう」ということです。

顧客開発とは、Steve Blank氏が『アントレプレナーの教科書』や『スタートアップ・マニュアル』などで言われている手法です。

一言で言えば、顧客が抱えている課題をきちんと見極めた上で、それに対応した解決策を見つける。その上で、その解決策を製品にして市場に投入するという考え方です。

この顧客開発モデルで最初に言われるのは「課題/解決フィット」と呼ばれる、顧客の課題とそれを解決するための解決策の組み合わせをきちんと見つけられるかどうか。この「課題/解決フィット」の組み合わせを見つけるために、社内であれやこれや考えるのではなく、オフィスの外に出て、顧客にインタビューをしながら、仮説検証をしていくことが重視されています。

少し前に出た『グロースハッカー』でも、

製品開発とマーケティングを完全に別のプロセスとして行う方法はもう古い。

と言い切ってあるように、製品を開発してから「さて、どうやって売っていこうか」と考える時代ではなくなりました。顧客の要望(課題)が多様化し、すでに解決策候補が市場にたくさん出回っている中で、少しでもプロダクトの成功確率を高めるために、開発を始める段階から顧客のことを意識していきましょう。

ちなみに株式会社スタイリッシュ・アイデアで実施する公開セミナー「プロダクトマネジメント基礎講座(05/21開催)」や「顧客理解から始める製品開発(6/10開催)」では、今回紹介した顧客開発モデルを取り上げます。

特に「顧客理解から始める製品開発(6/10開催)」では、丸1日かけて顧客開発モデルに関する内容を演習をとおして学んでいきます。

その他のセミナーも含め、ぜひご検討ください。

プロダクトマネジャー・シナリオプランナーのための公開セミナー | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

グロースハッカー
ライアン・ホリデイ 加藤恭輔
482224993X

photo credit: jurvetson via photopin cc

その手があったか!の易経本 – 『MY ANSWERS BOOK 易経版』

My Answers Book I Ching

ひっそりと勉強を続けている「易経」。

今年はもう少しまじめに勉強しようかと、久々にAmazonで「易経」で検索してみたところ、いろいろな本が出ていますね。

手元にあってよく使っているのは『黄小娥の易入門』をはじめ、定番の『易―中国古典選〈10〉 (朝日選書)』、そして手軽に持ち運べる『易経 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス中国の古典)』など。

これ以外にもと思って、何冊かを買ってみたのですが、その中でもある意味出色の存在がこの『MY ANSWERS BOOK 易経版 (マイアンサーズ)』です。

何がすごいかというと、この本には見開きで卦と爻の組み合わせひとつずつが載っていること。そして、最初から順に書かれているわけではなく、ランダムに並んでいます。つまり、この本があれば、占いのために易経を使いたいと思った時、特別な道具がなくても、ページをぱらっとめくれば、卦と爻の組み合わせが得られるのです。

例えば、いまたまたま開いたページは「沢雷随 五爻(たくらいずい ごこう)」でした。秀逸なのは、見開きの左のページには沢雷随の解説と沢雷随の五爻の解説が2〜3行で載っているのですが、その右のページには

これまでの人間関係を
生かしましょう。

という感じで、まるでおみくじのような簡潔さで沢雷随の解説が書かれています。

易経の勉強にこのランダムさを使うのも良し(後ろには索引のようなものがついていて、きちんと検索もできます)、「当たるも八卦当たらぬも八卦」で試してみるも良し、使っていて楽しい易経本です。

479931419X

Wiredの個人のシナリオプランニングアプリ

Wired_s_Personal_Scenario_App

個人向けシナリオプランニングセミナー開講します

株式会社スタイリッシュ・アイデアでは、2014年最初のセミナーとして、1月19日(日)に個人での活用を対象としたシナリオプランニングセミナーを開催します。

あなたの仕事の10年後を見据えるセミナー〜個人のためのシナリオプランニング

Wiredのシナリオプランニングアプリ

その準備のために海外での個人向けシナリオプランニングに関する情報を見ているのですが、Wiredが提供する個人向けシナリオプランニングアプリがありました。それがこれ。

Wired’s Personal Scenario App

この元となっているのは “Your Future in 5 Easy Steps: Wired Guide to Personal Scenario Planning” という記事。

読んでみると、

That’s why we asked Peter Schwartz, cofounder of the Global Business Network, to lead us through a tutorial on scenario planning. Schwartz typically does this for major corporations, but the technique works just as well for individuals. To be clear: Scenario planning is not prediction. The goal is to envision possible futures, which will serve as guideposts to the path forward. The payoff is a clearer view of what the future may hold and of the most advantageous route through it.

という感じで、『シナリオ・プランニングの技法』(中古で高値がついてしまっているので、原著の”The Art of the Long View“をオススメします)のピーター・シュワルツがかかわっているもののようですね。

アプリといってもシンプルなもので、画面のフォームに入力をしていきながら、シナリオプランニングの基本的なステップを体感できるようになっています。

最近出た『シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する』などを読んで、一通りのステップを頭に入れている人であれば、引っかかることなく試すことができるアプリですね。

他にも調べていると個人向けのシナリオプランニングの応用方法について、すでにいろいろな情報がありますね。

1/19開催の「あなたの仕事の10年後を見据えるセミナー〜個人のためのシナリオプランニング」では、直接シナリオプランニングとは関係のないような手法も応用しながら、個人のキャリアを振り返り、行動に移すことができるような内容にしていますので、2014年の始めに自分の仕事を見つめ直したいという方にはオススメの講座です。

と、弊社のセミナーの話しになってしまいましたが、もちろん、Wired’s Personal Scenario Appもオススメですよ!

1 2 3 4 451