iPad miniをノートパソコンに – LOGICOOL ウルトラスリム キーボード ミニ

Evernote Camera Roll 20140109 192915

日頃、打合せに出る時は、どうしても必要だという場合以外は、なるべくパソコン(MBA)は持ち歩かないようにしています。

というのも、それ以外にiPad miniやKindleを入れたり、本を何冊か入れたり、手帳にノートに…とただでさえ荷物が多いので、なるべく減らしたいのです。

ただ、どうしても必要ではないものの、パソコンがあればいいなぁと思う時はあります。出先からまとまったメールを書かないといけない時やちょこっとした空き時間にブログやメモを書いておきたい時など。

そんな状況を解消するために年明けから試しているのが「LOGICOOL ウルトラスリム キーボード ミニ シルバー TM715SV」です。

これとまったく同じではなかったとは思いますが、以前にお客さんがこれと同じようなものを使っていて、便利そうだったのを思い出し、買ってしまいました。

Bluetoothでペアリングして、実際に使い始めてみるとキーはMBAと変わらないくらいの打ち心地。幅がだいぶ狭いので慣れるまでは打ち間違いも多いですし、慣れてからもパソコンと同じようなスピードまではまだ打てませんが、ソフトウェアキーボードよりははるかに便利。英語キーボードのような感じになるので、そこも慣れるのが必要ですが、これも使っているうちに慣れるでしょう。

持ち運ぶときは純正のカバーのようにぺたっとiPad miniにくっつけることができるので、このままカバンに。

Evernote Camera Roll 20140109 225252

これから5年、10年という先を考えたとき、キーボードという入力ツールがいつまで残るのかはわかりませんが、やはり今の時点ではこういう形であると便利ですね。

iPad miniでもっとがんがん文字入力をしたい!という人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

どこでもホワイトボード – 「どこでもシート」

61j47W1amvL._AA300_

最近はご自身でワークショップを主催している人も多いので、知っている人にとっては「当たり前」だと思うのですが、自分は初めて知った時に感動したので、ご紹介。

そんなもったいぶって紹介するのは何かというと「セーラー万年筆 どこでもシート 600×800」なる代物です。

会社を立ち上げた当初、ホワイトボードはどうしてもほしいなぁと思っていたのですが、まずはスペースがない。そして、まだまだ資金的にもそんなに余裕がない(というか、実際にはどれくらい使って大丈夫かの見通しが立てられてなかったというのが正確なところですね)。

そんな状況で「どうにかできないものか…」といろいろ探していた時に見つけたのが、この「セーラー万年筆 どこでもシート 600×800」です。

これはサランラップみたいな感じでシートが収められているもので、それを引き出して使います。大きさは幅600×高800mmで、その大きさごとにミシン目が入っています。取り出したそのシートは静電気で壁やガラス窓などに貼り付けることができ、そこが「ホワイトボード」になるというもの。

自分のこれまでの経験では窓のようなつるんとしているところはもちろんきれいにくっつきますし、少し凹凸があるような壁紙が貼られている壁にも難なく貼り付けることができています。

ただし、後ろに凹凸があると書きにくいのはもちろん、イレイザーでは消しにくい(これは凹凸がないところでも比較的そう)ので、自分の場合は業務用のウェットティッシュ(OAクリーナー)で消しています。その場合、乾くまで待つ必要はありますが、乾けばまた普通に書くことができます。

普通のホワイトボードと同じく、何度も使っていると消えにくくなりますが、燃えるゴミとして捨てることができるので、古くなったら折りたたんでゴミに出せば済むというのも助かるところ。

ホワイトボードのように使えるものの他、透明状の「どこでもシート透明」もあります。透明なので、すでに貼られているものの上に貼って、書き足したりと工夫して使える一品。

値段が少し高いと感じるかもしれませんが、25枚分入っていて、しかも1枚を何度も使うことができるので、お得だなと思いますよ。

「さすがに家にホワイトボードは置けない…」と思っている人や、いろいろな場所でホワイトボードを使いたいと思っている人にはオススメです。

四半期スケジュールを一覧!- 3ヶ月カレンダー

3monthcalendar

いよいよ今日から仕事始めという人も多いのではないでしょうか。

四半期全体を俯瞰しながら仕事を進める

日本企業の中には、この1月から3月までの期間が「第4四半期」となる企業が多いですよね。

わたしは学校を卒業して最初に入った会社が1月始まり12月締め、次に入った会社が4月始まり3月締めでした。ということで、転職してしばらくは、1月から始まるこの時期こそ最後の追い込み!という感じに慣れずにいた記憶があります(ちなみに、今の自分の会社は最初の会社と同じく12月締め)。

自分の話しは置いておくとして、この1月から3月までの時期が「ラストスパート!」という気持ちで仕事始めに臨んでいる方も多いはずですね。

忙しいながらも、この四半期、つまり3ヶ月間をしっかり先まで見据えて、なんとか乗り切っていただければと思います。

「3ヶ月カレンダー」

「四半期」を前振りに持ってきたのは、これからオススメする「3ヶ月カレンダー」につなげるためです。

3ヶ月カレンダー」の詳しい解説はこちらから(アイキャッチ画像もこちらのサイトから拝借しています)。

「3ヶ月カレンダー」とは: 3ヶ月カレンダー for iPad【おすすめ iPadカレンダー アプリ】

iPadやiPad miniを横向きで使うと、ちょうどアイキャッチ画像のような縦に3本並んだ3ヶ月分のカレンダーを一覧することができます。データはGoogleカレンダーと同期して引っ張ってくる形で使っています。

この便利さは実際に使ってみないと実感しにくいのですが、3ヶ月を一覧できると先まで見通して今を考えることができてとても便利。

ラストスパートの第4四半期を乗り切るためにも、ぜひ入れてみてはいかがでしょうか?

1 2 3 4 5 451