Evernoteユーザのためのライフログツール – iライフログ

medium_6947577966

いよいよ明日から仕事という人も多いのではないでしょうか。

年が明けてから「記録をする」ということについて2つのエントリーを書きました。

未来の自分のために日記をつける – Day One
情報を貯める仕組みをつくる – 『情報は1冊のノートにまとめなさい』

自分の時間を記録する

年明けのテンションが高いタイミングに自分のための「プラットフォーム」を作るということで紹介してきましたが、今日はその最後。「自分の時間を記録する」ことについて。

スマートフォンにソーシャルメディアなど、誘惑に囲まれているわたしたちは、意識をしないとあっという間に時間を浪費してしまいます。ハッと気づいて慌てて本来するべきことに戻るものの、しばらくするとまた別のものに時間を取られて…とならないために、自分の時間を記録することが大切です。

ドラッカーは『経営者の条件』の中で、「汝の時間を知れ」というテーマでまるまる一章を割いています。この本は『経営者の条件』というタイトルがつけられてしまっているので「自分には関係ない」と思う人もいるかもしれませんが、原著は「The Effective Executive: The Definitive Guide to Getting the Right Things Done」となっていて、誰でも手に取りたくなるようなタイトルだということがわかります。

ちなみに、この「汝の時間を知れ」については『プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))』にも収められているので、ご存じの人も多いでしょう。

この中で自分の時間を記録することについて、こんなことが書かれています(この引用は今は市販されていないドラッカー選書の『新訳 経営者の条件』のものです)。

知識労働者においては、時間の有効利用と浪費の違いは、成果と業績にかかわる問題である。したがって、エグゼクティブが成果をあげるための第一歩は、現実の時間の使い方を記録することである。

では、どうやって記録すれば良いかというと、同じくドラッカーはこんなことを言っています。

時間の記録の具体的な方法については、気にする必要はない。(中略)重要なことは、記録することである。しかも記憶によってあとで記録するのではなく、リアルタイムに時々刻々を記録することである。

というわけでiライフログ

とは言ったって、リアルタイムで記録なんてどうすれば良いんだという人もいるかもしれません。

昨日も少し触れた『人生は1冊のノートにまとめなさい』を応用した方法では、リアルタイムでというのは難しいかもしれません。Day Oneのエントリーでも紹介するように、良いとはわかっていても、手間がかかるものであれば誰しもやりたくなくなってしまうもの。

そこで自分が使っているのが無料のiPhoneアプリiライフログです。

iTunesのページのスクリーンショットを見るとわかるように、画面にはたくさんのアイコンが並んでいて、記録を始める時はアイコンをクリックし、終わったら保存をするか、次のログを残すために別のアイコンをクリックすれば自動的に前の記録はログとして保存されるというもの。

screen568x568

この画面にどういう項目を並べて、どういうアイコンにするかは、自分で設定ができます。その他の設定項目としては、ログの保存先としてのEvernoteやGoogleカレンダーについて細かい設定ができます。

正直なところ最初の項目とアイコンの設定やEvernoteの設定などは少し手間がかかるかもしれませんが(ほんの少しですが)、一度設定してしまえば、iPhone上でログを確認できる他、それをEvernoteやGoogleカレンダーでも見られるので、ログを見直すのも便利。

継続して時間の記録をとり、その結果を定期的に毎月見ていかなければならない。最低でも年二回ほど、定期的に、三、四週間記録を取らなければならない。そして記録を見て、日々の日程を再検討し、組み替えていかなければならない。(中略)時間の使い方は、練習によって改善できる。しかし、時間の管理にたえず努力しないかぎり、仕事に流されることになる。

と、ドラッカーも言っているとおり、ログを取ることだけではなく、そのログを見返して、見直さなくてはいけません。見直すための3、4週間分のログが手帳にずらっと並んでいるものであれば、ちょっと躊躇してしまうかもしれませんが、Googleカレンダーなら使いやすいように印刷して、見直すことができます。

時間の使い方は、練習によって改善できる」というドラッカーの心強い言葉を実践するために、iライフログはオススメです。

photo credit: Calsidyrose via photopin cc

情報を貯める仕組みをつくる – 『情報は1冊のノートにまとめなさい』

notebook

先日、新年向けの記事として「未来の自分のために日記をつける」をご紹介しました。

未来の自分のために日記をつける – Day One | Stylish Idea

ここでは日記をつけることは「未来の自分のため」として、比較的簡単に始められる「Day One」というアプリを紹介しました。

「Day One」を使う場面

紹介した「Day One」はiOSアプリで、写真と一緒にテキストを入力できるアプリでした。これを使えば、関連する画像と一緒に、その時に考えていたこと、感じていたことをまとめられるという便利なアプリです。

ただし、始めるのは簡単ではあるものの、ここに何でもかんでも入れ込むというほど万能なアプリではありません。個人的には、1日のうち印象的な場面を切り取っておくためのツールとして使っています。

もう少しブレストっぽく考えていることを書き散らすとか、長いメモ(文)を残しておくためのツールとしては、あまり適していないかもしれません。

情報を「通過」させる

じゃあ、どういうツールを使うのが良いかというと、紙のノートです。

スマートフォンとそこで使えるアプリがこれだけ多様になってきた中、いまさら紙のノート?という感じですが、改めて紙のノートを使う意義を感じたのは、昨年の11月にダイヤモンドから出た『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』と『読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』です(編集担当の市川さんから献本いただきました。ありがとうございます!)。

著者の奥野さんの「ノート本」は以前にも読んだことがあり、そのうちの『人生は〜』については過去の記事としても紹介しています。

時間の意識を高める『人生は1冊のノートにまとめなさい』

今回は、その奥野さんが過去に出した本の「完全版」ということで、これまでの内容を大幅に更新した一冊になっています。

特に『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』の方は、ノートを使う意義やノート自体の使い方はもちろん、特にそこに記録した情報をどうやって活用するのかという部分が、以前よりも詳しく書かれていて、参考になります。

読んでいて感じたのは、『情報は〜』の51ページに出てくる言葉そのままになりますが「自分を通過した情報だから活用できる」というもの。

同じ情報でも、ザッと目を通しているだけではなく、手を動かして「自分を通過させる」ことで、その情報が単なる情報から、自分にとって意義のある情報に変わります。そのためのツールとして便利なのが紙のノートだというのがこの本の主張です。

いつでも使える「プラットフォーム」を作る

新年のこの時期、手帳や日記帳など、1年分の日常を記録しておくためのツールをそろえ、使い始める頃だと思いますが、あわせてこの『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』を読み、専用のノートを用意するのも良い考えです。

著者が本書の中で繰り返し述べているように、この方法でのノートの使い方の特徴は「とにかくなんでも1冊のノートに入れる」こと。言い換えると、自分にとっての情報の「プラットフォーム」を作るということ。「プラットフォーム」というと大げさに聞こえますが、そもそもの「基盤」というような意味を考えるとしっくり来るのではないでしょうか。

自分自身、奥野さんの考え方を応用して手帳や日記帳とは別にノートを用意しています。今では奥野さんが書かれている内容とまったく同じというわけではありませんが、初めて試してみるという人は、最初はこの本に書かれているやり方にそってやることをオススメします。特に、なんでもかんでも1冊に入れるというところに違和感を感じる人もいるかもしれませんが、やってみると、これこそが良さだと気づくはずです。

先ほども紹介した『人生は〜』のプロモーション用ではありますが、奥野さんご自身が自分のノートを見せながら使い方を紹介している動画もあるので、こちらもどうぞ。

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]
奥野 宣之
4478022003

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]
奥野 宣之
4478022011

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ
奥野 宣之
4478014116

2014年の英語の目標、通訳ガイドはいかが?

medium_3283537471

東京オリンピックが2020年に開催することが決まり、それに向けたいろいろな方面での動きが起きています。

ビジネス面、投資面、いろいろな動きがありますね。

「会社は特にオリンピックにからめるようなビジネスをやっていないし、不動産に投資するにしたって元手が…」という話しもあるかもしれません。

そんな方には、ぜひ個人でできる取り組みとして通称「通訳ガイド試験」に取り組んでみるのはいかがでしょうか?

通訳ガイド試験とは?

通訳ガイド試験とは、正式には「通訳案内士試験」といい、日本政府観光局(JNTO)によると、こんな説明がされています。

通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。2013年4月1日現在の登録者数は16,779人に達しています。通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語となっています。通訳案内士試験は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験が可能です。2012年度通訳案内士試験には、713人が合格しました。
通訳案内士(通訳ガイド)は、単に語学力が優秀であるだけでなく、日本の地理、日本の歴史、さらに産業、経済、政治および文化といった分野に至る幅広い知識、教養を持って日本を紹介するという重要な役割を負っています。 外国人旅行者に日本の良い印象を持って帰ってもらうことは、正しい日本理解の第一歩となり、通訳案内士(通訳ガイド)の仕事は、“民間外交官”とも言える国際親善の一翼を担うやりがいのある仕事です。

試験の内容の細かいところなどの解説は、先ほどの日本政府観光局(JNTO)のページの他、次のようなページが参考になるかと思います。

英検1級や通訳ガイド(通訳案内士)試験に関する情報
通訳ガイド(通訳案内士)国家試験受験専門校:通訳ガイドとは:富士通訳ガイドアカデミー

自分自身、通訳ガイドの存在を知ったのは、学生の頃に主催していた英語の勉強会で、ガイド資格を持っている人が何人かいて、その人たちから通訳ガイド試験や通訳ガイドになることの魅力を聞いたことがきっかけです(あれからもう15年ほどの時間が…)。

なぜこのタイミングなの?

なぜこのタイミングで薦めるのかというと、もちろん、東京オリンピックが決まり、日本のことを英語で伝える機会が増えてくると予想できるからというのはあります。オリンピックの開催まであと6年なので、いまの英語力にかかわらず、きちんと目標を立てて勉強をすれば合格することも無理ではない時間があるといえるでしょう。

同じ英語を勉強するのであれば、日頃、仕事や日常生活で英語を使う機会がないという人は特に、まずは自分の身の回りのことを英語で伝えられるようにするというのは、アウトプットの材料として適切なのではないかと思います。

そして、何よりこのタイミングが良いかというと、通訳ガイド試験のハードルがぐっと下がるタイミングだからです。そのきっかけは、この発表。

TOEIC®×観光庁<br />国家資格として初のTOEIC®との連携!<br />TOEIC®スコアが通訳案内士試験免除対象になります! | 2013年 | 報道発表 | 報道・広報 | 観光庁
TOEIC|プレスリリース|2013年度|国家試験の通訳案内士試験でTOEICスコアが英語筆記試験免除対象に!

通訳ガイド試験は筆記の1次試験と、面接の2次試験がありますが、そのうち1次試験の英語筆記試験がTOEIC840点以上のスコアを持っていると免除になることが決まったのです。これまで英検1級を持っていれば免除だったのですが、免除の基準としてTOEICが加わったことで、ハードルが下がりました。

個人的には、TOEIC840点で筆記試験が免除という仕組みはあまり良いものだとは思っていません。TOEICという試験自体のそもそもの話しをし出すと長くなるのでここでは割愛しますが、TOEIC840点という基準が通訳ガイドが求める基準とは合っていないのではないかと思うからです。

ただし、最終的に2次試験もあるので、付け焼き刃ではなかなか受かりにくい試験であるのは変わりません。

そうであれば、「試験に合格する」という目標だけで言えば、少しでも負担を減らす今回の機会は良いのではないかと思っています。

では、どうやって勉強する?

ここまで書いておいて言うのもなんですが、自分自身もまだ通訳ガイド試験は受けたことがありません(笑)。これまで受けよう受けようと思っていながら、先延ばしにしていましたが、今年はぜひ挑戦してみようかと思っているところ(と言っておいて、また先延ばしにしないようにしなければ…)。

まずは、このページなどを参考に、通訳ガイド試験の特徴や対策などをきちんと頭に入れようと思っています。

通訳案内士試験をはじめからていねいに

勉強のためには、先ほどのリンクで紹介したような通訳ガイド専門の学校に通うのもひとつの手ですね。とはいえ、準備のための費用はなるべく安く抑えたいという人は、ハロー通訳アカデミーが無料で公開している(CDなどの音声は別)教材を使うのもありでしょう。

ハロー通訳アカデミー

あとは市販の書籍ですね。とりあえず移動中なんかの空き時間に『新・英語で語る日本事情』から聞き始めてみようかと思います。

4789014266

photo credit: Gideon Davidson via photopin cc

1 2 3 4 5 6 451