2013年、このブログと自分のテーマ

medium_774926895-1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい年のスタートです。

遅ればせながら2012年中もありがとうございました。2003年に始めたこのブログですが、正確には数えていませんが、去年2012年は今までになく更新できなかったのではないかと思います。

いろんなことを言い訳にして、なかなか更新できない状況をずるずると続けていましたが、今年は改めて自分にとってのブログの位置づけを見直して、きちんと活用していきたいと思っています。

具体的には、右側に載せている簡単なプロフィール部分では密かに宣言し、2012年末は試行的に取り組んでいましたが、今年からこのブログではいろいろなテーマを扱うという方針を変え、テーマを絞って更新していきたいと考えています。大きく言うと、これからのビジネスに欠かせないと考えている【プロダクトマネジメント】【イノベーション】、そして個人としての【これからの生き方・働き方】がテーマです。

中でも特に力を入れているプロダクトマネジメントについては、2006年末に『プロダクトマネジャーの教科書』を翻訳して以来、しばらくは突っ込んだ取り組みをしていませんでしたが、2012年からはこちらでも何度か紹介しているpmstyleでのプロダクトマネジメント入門の連載をはじめ、Product Management ReviewやFacebookページ「プロダクトマネジャーの教科書 (Product Management Review)」などをオープンし、改めてプロダクトマネジメントについて考えるきっかけを作り始めました。

とはいえ、振り返るとまだまだ十分に取り組めていないと感じていますので、2013年はより力を入れてプロダクトマネジメントに向き合っていきます。年度末か年度空けにはプロダクトマネジメントをテーマとしたメールマガジンを創刊できればと考えていますし、翻訳ではなく、自分の言葉でプロダクトマネジメントを整理した単著も執筆できればと思っています。

2012年には、プロダクトマネジメントを考える中で、デザイン思考などにも関心を持ちましたが、その延長でイノベーションについても考えを深めていきたいと思っています。イノベーションの必要性がこれほどまでに喧伝されていることはないという時代ですが、じゃあ、一体どうすれば良いのか?というのは、プロダクトマネジメントを考える上で、切っても切れないテーマです。

そして最後のこれからの生き方・働き方というテーマ。思えば2011年3月11日を経験し、2012年も色々なものに対する不安や不満、不信を漠然と抱えながら、常に何かに引っかかったような感覚をぬぐえないまま、月日が流れていったような気がしています。政治や経済、国際関係といった自分たちを取り巻く環境が大きく変わり始めるこのタイミングにおいて、「変わらないと、変わらないと」と煽られながらも、結局、安全領域から出られない。これは上に書いたイノベーションと大きく関連するところかもしれませんが、そんな中で真剣にこれからの生き方、働き方というものを考えていくのは意義があることなのではないかと思っています。

このブログのテーマにするということは、すなわち自分自身の2013年のテーマということでもあります。

Facebookでも書きましたが、2013年は年男。社会人になって丸10年を経て、11年目に突入するという年です。これまで以上に貪欲にいろいろなものに挑戦し、1年間、突っ走っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

ちなみに、このブログでは扱わなくなったテーマについては、新しく始めたA Day in the Stylish Idea’s Lifeというブログで取り上げていますので、あわせてよろしくお願いします。

4798111929

photo credit: Robert Voors via photopin cc

[ad]

2 thoughts on “2013年、このブログと自分のテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>