Home » イノベーション » 「ついにジレンマは終わる!!スペシャルワークショップ」に参加しました

「ついにジレンマは終わる!!スペシャルワークショップ」に参加しました

INNOSIGHT_seminar
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は「ついにジレンマは終わる!!スペシャルワークショップ」に参加してきました。

INNOSIGHT_seminar

このワークショップは、メディアとして翔泳社のビズジェネが協力し、イノベーション関連のコンサルティングを手がけるINDEE Japanが主催、そしてスピーカーはクリステンセン教授が設立したイノベーション・コンサルティングファームのInnosight社のパートナーであるKevin Bolen氏という顔ぶれでした。

16時から19時半までという長丁場の設定でしたが、始まってみるとあっという間に過ぎてしまった3時間半。内容はというと、基本的に『イノベーションへの解 実践編』の内容を中心に『イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル』の内容も盛り込んだものでしたが、要所要所で同じグループになった人たちと自分たちのケースに置き換えて「破壊的イノベーション」を考える機会があり、単にずっと講演を聞いているのに比べて、「自分たちのこと」として内容を受け取ることができました。

イノベーションへの解 実践編』は事例も豊富なので、読んでいるとついつい「わかった気」になってしまうのですが、いざ自分たちの事例に置き換えて考えてみると、話しはそう簡単ではないとか、今置かれている状況はそう楽観的に考えられるものではないといった感じで、なかなかリアルに体感できるので、とても有意義でした。

具体的な内容としては、

  1. 破壊的イノベーションの基本原則
  2. 長期計画の先の未来 〜どの位イノベーションを興す必要があるのか?
  3. イノベーション周辺に深層の組織能力を開発する
  4. 成功に向けて加速する 〜大企業内で新規事業を育てるには?

という4部構成で、わかりやすい資料とKevinのよどみないプレゼンによって流れるように時間が過ぎていきました。

特に3番目のアジェンダの既存の組織でイノベーションを興すための考え方の部分(『イノベーションへの解 実践編』の第四部の内容)は、具体的な考え方をベースに説明があり、とても参考になりました。実際に、この部分についての参加者からの質問も多く、既存の組織でイノベーションを興すことの難しさを改めて感じました。

セミナーの最後にINDEE Japanマネージングディレクターの津嶋さんからコメントがあったように、今回のワークショップ単体でも有益な時間でしたが、やはり単発で終わりというわけではなく、継続的に、そしてもっと突っ込んだ形でこのテーマに取り組んでいけるような仕組みがうまく回り出すと良いですね。自分としても改めて『イノベーションへの解 実践編』や関連する資料を読みつつ、「イノベーションを実際に興すこと」をご支援できるような仕組みを作っていきたいと思います。

事前の調整から当日の運営までとても大変なワークショップだったと思いますが、貴重な機会をありがとうございました!

イノベーションへの解 実践編 (Harvard business school press)
スコット・アンソニー マーク・ジョンソン ジョセフ・シンフィールド エリザベス・アルトマン クレイトン・クリステンセン 栗原 潔
4798116734

 

イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル (Harvard Business School Press)
クレイトン・クリステンセン ジェフリー・ダイアー ハル・グレガーセン 櫻井 祐子
4798124710

[ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>