Home » 『プロダクトマネジャーの教科書』 » » 『プロダクトマネジャーの教科書』

『プロダクトマネジャーの教科書』

41KH19AEQDL._SL160_
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロダクトマネジャーの教科書』が出ました!

4798111929

いつもと違う感じで始まった本の紹介。自分が訳した『プロダクトマネジャーの教科書』が遂に発売されました。

本書は「プロダクトマネジャー」という職務について体系的にまとめられた本です。日本では、まだまだ「プロダクトマネジャー」という職種になじみはないかもしれませんが、既に海外では定着していて、国内でも一部の外資系の企業でこの職種があるのを見かけます。

日本語ではこの名前を冠した書籍もまだまだ少ないですし、現在手に入るもののうち、その職務を体系的にまとめたものは(恐らく)ないため、翻訳する意義があると感じ、今回この本を翻訳しました。

内容は決して難しいものではなく、しかも事例が豊富で、各専門家へのインタビューも掲載していますので、「プロダクトマネジャー」の職務をイメージしながら理解することができる良書だと思っています。ご興味があれば、ぜひ買ってください!

今日は神保町のお客さんのところに行っていたので、帰りに三省堂に立ち寄り、3階のビジネス書フロアにあるのを確認してきました。新刊コーナーのところに5冊ほど、マネジメントの棚に同じく5冊ほどありました。ついでに九段下駅前の啓文堂書店にも寄って5冊ほど積まれているのを確認してきました。既に親バカ状態です(笑)。

今年の2月の中頃に株式会社アウトロジック代表の杉本さんと、アウトロジックでご一緒させて頂いている川月さんからお誘いを頂いたのが今回の翻訳書出版のきっかけです。査読を経て、ゴールデンウィーク前に正式に翻訳が決まり、それから仕事でもバタバタしながら5ヶ月かけてやっと脱稿しました。編集を担当して下さった翔泳社の外山さんも含め、皆さんには本当にお世話になりました。本当にありがとうございます。

ベストセラーになってがんがん売れるような本ではないかもしれませんが、長い間皆さんに必要とされるような、そういう本になってくれればと思っています。

既に「ビジネス書の杜 pm_book_style」で書評を書いて下さっています。ありがとうございます。

・ビジネス書の杜 pm_book_style: 待望のプロダクトマネジメントハンドブック
http://people.weblogs.jp/books/2006/12/post_675c.html

もし読んで下さった方がいらっしゃいましたら、感想をいただけると嬉しいです!

6 thoughts on “『プロダクトマネジャーの教科書』

  1. ビジネス書の杜の好川です。はじめまして。
    翔泳社さんに、メルマガで読者プレゼントをしてほしいとお願いし、快諾いただきました。来年2月くらいになります。
    http://www.pmos.jp/honpo/present/list.htm
    その際に、著者の方からのコメントをお願いすると思いますので、可能であればぜひお願いします。

  2. 好川さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    メールマガジンで紹介して頂けるとのこと、ありがとうございます。コメントも書きますので、またその時はご連絡をいただければと思います。

    どうぞ今後ともよろしくお願いします。

  3. 面白そうな切り口の本ですね。
    早速本屋に行ってみます!

  4. おめでとうございます♪

    ついに出版されたのですね〜。私も書店でチェック入れます&友達に自慢します(笑)。それから敷居が高くなかったら読みます(笑)。
    自分の名前の入ったものが活字に、本になる喜びは一入ですよね。

  5. 買いましたよ!!
    新井さんが訳した本、ていうこともそうだけど、それだけじゃなくて、内容的に自分が勉強したい、いや、勉強すべきことだと思っていたことだったんで、逆に驚きました。
    まだまだちょっとしか読めてないけど、じっくり取り組んで、プロダクトマネジャーという立場を今の会社に作れるようにがんばろうかなって思ってます。
    また相談を聞いてやってくださいね~。ご指導よろしくです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>