Home » サービスマネジメント » » 『IBM お客様の成功に全力を尽くす経営』

『IBM お客様の成功に全力を尽くす経営』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IBM お客様の成功に全力を尽くす経営』を読みました。

ibm_servicescience.jpg

なかなか面白い本でした。

本書は『巨象も踊る』の著書もあるガースナー改革以降のIBMで取り組まれている変革について書かれている。各章ごとに日本IBMのトップ陣(第1章はIBM会長兼CEOのパルミサーノ)が担当している。HBRの記事を元にしているか、あるいはそのままの章もあるようだが、全体を通してIBMの現在の改革への取り組みと今後の展望を知ることができる1冊になっている。

自分が特に面白いと思ったのは、IBMの取り組みなども交えてイノベーションについて論じている第2章、プロフェッショナルを育成するためのIBMの取り組みについて書かれた第3章、サービス・サイエンスの概要ついて書かれた第4章、そして日本IBM会長の北城氏が日本企業や日本の現状について語っている第7章だ。

特にサービスサイエンスについては、shiba blogの下記のエントリーで初めて興味を持って以来、なんとなくきちんと調べずにいたのだが、この1章でだいぶ概観できた感じ。

・IBMのサービスサイエンス:shiba blog
http://blog.outlogic.jp/shiba/archives/001105.html

ちなみに、この章はOutlogicの杉本さんが下記の記事で書いているHBRの記事とまったく同じはずです。

・OutLogic – 視点 リサーチ- サービス・サイエンスの可能性 – DHBR 2005.11
http://www.outlogic.co.jp/modules/news/article.php?storyid=306

まだまだかじった程度ではあるけど、サービス・サイエンス、かなり面白そうだ。

また、第2章でIBMが戦略策定のために作成するレポートとして次の3つを紹介している。

・GTO(グローバル・テクノロジー・アウトルック)
・GMT(グローバル・マーケティング・トレンド)
・GIO(グローバル・イノベーション・アウトルック)

このうち最新のGIOについては、次のblogで全訳を読むことができる。

・IBM GIOレポートの翻訳 = イノベーション・インサイト(1)
http://jisi.dreamblog.jp/blog/94.html

いきなりいくつか紹介してしまったが、今まで何となく読んでいたものがこの1冊を読んでつながった感じがある。また、IBMがコンピューター・メーカー(あるいはハードウェア・ベンダー)からソリューション・プロバイダーへと戦略を転換した一連の流れやその意図がとてもわかりやすくまとまっている1冊である。(『巨象も踊る』も読みたくなった)

ソリューション・プロバイダーへの戦略転換という流れは、IBMに限った話ではなく、今後多くのIT企業が考えている、あるいは既に実践している流れなので、その流れをつかむ一助としてもこの1冊は役に立つかもしれません。

最後に、北城氏の章で彼自身が語っていた言葉でぐぐっと来るものが多かったので、ここで3つほど紹介してみます。

官の役割は、個人や民間がイノベーションに挑戦するための環境やインフラを整備することです。みずから努力し、新しいことに挑戦する人が報われるような制度を構築することが、自身の使命であることを自覚すべきです。

企業のみならず、公的なサービス機関のIT化は急速に進んでいますが、その効果はまだまだ限定的です。個人が将来への不安ゆえに萎縮することなく生活できる環境をつくるためにも、さらには人々が生き生きと挑戦することができる社会をつくるためにも、公的機関のイノベーションは断固として進めてもらわなければなりません。

我々が目指す社会の姿やイノベーションの意義を、個人の発想や自覚にまで浸透させなければ、本当の意味でのイノベーションは起こりません。わが国の教育・人材育成のあり方も、多様性や差異を前向きにとらえる社会、自助努力や挑戦が報われる社会という、我々が目指す社会の姿を見据えつつ、大胆に改めることが必要です。

3 thoughts on “『IBM お客様の成功に全力を尽くす経営』

  1. ピンバック: 犬の耳
  2. ピンバック: shiba blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>