Home » Apple » プロダクトマネジメント » 顧客開発 » シンプルさが顧客に刺さる

シンプルさが顧客に刺さる

medium_2234031789
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で最初のビデオゲーム開発会社として知られるアタリ。若き日のスティーブ・ジョブズが社員であったことでも知られています。

medium_2234031789

その創業者で、初めての著書『Finding the Next Steve Jobs: How to Find, Keep and Nurture Creative Talent』を近々出版するノーラン・ブッシュネルによるインタビューの抜粋が載っています。テーマは遊び心があって、リスク許容度の高い組織を作ることについて。

One Crazy Idea | Inc.com

この抜粋だけでは物足りない感じもありますが、この記事自体、『Finding the Next Steve Jobs: How to Find, Keep and Nurture Creative Talent』のプロモーション的な位置づけでしょうか。しかし、この本、面白そう。

B00EORACOO

それはさておき、そのアタリにも籍を置いていたスティーブ・ジョブズも例に挙げながら、新製品開発においてシンプルさを追求することが大切だと説く、この記事が参考になります。顧客が商品を選ぶ際に大切なのはシンプルさだということを、さまざまな調査結果を元に説いています。

Less Choice, More Commitment: Customers Want Simplicity | Inc.com

アタリのゲームには説明書がついていなかったようですが、そういう会社で働いた経験が、1997年にスティーブ・ジョブズがCEOに復活した後の一連の取り組みにも現れているのかもしれませんね。

記事では、『シンプリシティの法則』のジョン・マエダのこんな言葉を引用しています。

Simplicity is about subtracting the obvious and adding the meaningful

この言葉からわかるように、「シンプルが良い」といっても、闇雲にいろいろなものを取り除けば良いわけではありません。では、どうすれば良いのか?ジョン・マエダが言うことに従い、何を削り、何を足せば良いのか。

この答えは「明快なコンセプト」だというのが、以前に紹介した『僕がアップルで学んだこと』についての記事の中でまとめたことです。

シンプルは組織から - 『僕がアップルで学んだこと』 (アップルのプロダクトマネジメントがわかる一冊)

明快なコンセプト」なしには、顧客のメリットをきちんと定義できないということがわかります。

絞ることは勇気がいります。何でも盛り込んでしまう「全部盛り」のようにした方が、どんな顧客にも対応できそうだと勘違いしてしまいそうになるのもわかります。

だからこそ、いきなり製品のスペックなどの話しに飛び込むのではなく、まずは顧客のメリットをきちんと定義できるようなコンセプトを時間をかけて考えることから始めましょう。シンプルは、そこから生まれます。

photo credit: kevin dooley via photopin cc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>