Home » チームビルディング » どこでもホワイトボード – 「どこでもシート」

どこでもホワイトボード – 「どこでもシート」

61j47W1amvL._AA300_
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はご自身でワークショップを主催している人も多いので、知っている人にとっては「当たり前」だと思うのですが、自分は初めて知った時に感動したので、ご紹介。

そんなもったいぶって紹介するのは何かというと「セーラー万年筆 どこでもシート 600×800」なる代物です。

会社を立ち上げた当初、ホワイトボードはどうしてもほしいなぁと思っていたのですが、まずはスペースがない。そして、まだまだ資金的にもそんなに余裕がない(というか、実際にはどれくらい使って大丈夫かの見通しが立てられてなかったというのが正確なところですね)。

そんな状況で「どうにかできないものか…」といろいろ探していた時に見つけたのが、この「セーラー万年筆 どこでもシート 600×800」です。

これはサランラップみたいな感じでシートが収められているもので、それを引き出して使います。大きさは幅600×高800mmで、その大きさごとにミシン目が入っています。取り出したそのシートは静電気で壁やガラス窓などに貼り付けることができ、そこが「ホワイトボード」になるというもの。

自分のこれまでの経験では窓のようなつるんとしているところはもちろんきれいにくっつきますし、少し凹凸があるような壁紙が貼られている壁にも難なく貼り付けることができています。

ただし、後ろに凹凸があると書きにくいのはもちろん、イレイザーでは消しにくい(これは凹凸がないところでも比較的そう)ので、自分の場合は業務用のウェットティッシュ(OAクリーナー)で消しています。その場合、乾くまで待つ必要はありますが、乾けばまた普通に書くことができます。

普通のホワイトボードと同じく、何度も使っていると消えにくくなりますが、燃えるゴミとして捨てることができるので、古くなったら折りたたんでゴミに出せば済むというのも助かるところ。

ホワイトボードのように使えるものの他、透明状の「どこでもシート透明」もあります。透明なので、すでに貼られているものの上に貼って、書き足したりと工夫して使える一品。

値段が少し高いと感じるかもしれませんが、25枚分入っていて、しかも1枚を何度も使うことができるので、お得だなと思いますよ。

「さすがに家にホワイトボードは置けない…」と思っている人や、いろいろな場所でホワイトボードを使いたいと思っている人にはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>